【熊本地震から1年】熊本城に行ってきました。現状を知ってほしい。

この記事を書いた人

はやと
初めまして、サイト管理人でこの記事の著者のはやとです。

2016年夏、大学2年生の時に熊本地震に被災。その後労働のあり方に疑問を抱く。その後インターネットを活用したビジネスの存在を知り、本格的に勉強を始める。アフィリエイトやWebマーケティング、ライティングなどを勉強し、在学中に月収100万円を達成。自身の過去と起業した経緯を語った書籍をAmazonから発売。学歴コンプレックスを抱えているが、ビジネスを勉強して自分のスキルを磨くことで少しずつ克服。ビジネス×心理学で人生の質を上げることが理念。<<電子書籍とノウハウを無料公開中>>

詳しいプロフィールはこちら

 

どうもこんにちは。はやとです!!!

今日はこの前部分開演されていた熊本城に行ってきたので記事にしていこうと思います。

 

僕は熊本県生まれの熊本育ちです。僕の詳しいプロフィールはこちらからどうぞ↓

はやとのプロフィール

 

そういえば昨日の夜も震度3の余震がありました。

今でこそメディアでは取り上げられること少なくなりましたが、未だに揺れています。

 

 

 

熊本城に行った日は天気は晴天ではなかったのですが桜が本当に見事でしたね。

 

東日本大震災が起きた時は大変なことが起きたとは思いつつもどこか他人事のような気分の僕がいました。

 

熊本地震に被災してその考えも改まり、更に1年が経過しようとしています。

 

東日本大震災や熊本地震に被災した地域はまだまだ復興とは程遠い状況です。

 

この記事を読んでくれた人が少しでも熊本や東北のことを気にかけてくれるとすごくうれしいです。

 

部分開演!熊本城に近づけるようになりました。

地震直後は本当に熊本城も危険な状態で一切の立ち入りが禁じられていたのですが、最近になってようやく熊本城に近づけるようになりました。

 

そして桜も開花宣言がありましたので、散歩がてら熊本城に行ってきました。

今回はその時にたくさん写真を撮ってきたので、百聞は一見にしかずということで写真メインでいこうとおもいます。

 

地震があったあとはめっきり外国人観光客も見なかったのですが、僕が熊本城に行った時は本当にたくさんの外国人観光客の方がいました。

 

そう考える少しづつもとの熊本に戻ってきているのかなと感じます。

 

が、熊本城そのものはまだまだボロボロの状態です。

 

この写真は熊本城の部分開演されている歩行者用通路にはいって直ぐの所から撮った写真です。

 

桜もとてもきれいなのですが、注目してほしいのは桜の奥に写っているショベルカーや、右下に写っている瓦礫です。

 

ここももとは石垣があった状態で多くの石はお堀に沈んでいます。

 

コレも震災後からほぼ手付かずです。

 

 

この写真はさっきの所から少し登ったところから撮った写真です。

この角度の写真はテレビなどでもよく見るのではないでしょうか。

 

この緑のアームで支えてる箇所は、奇跡の1本柱と呼ばれている石垣の端が1箇所だけ残っている部分ですね。

その石垣が地震に耐えていなければこの天守閣も無残な姿になっていたと思います。

 

桜の綺麗さとなんともいえませんね。

さっきのアングルから桜をメインに写真を撮ってみました。

 

色々と考えさせられる一枚ではないでしょうか。

 

 

この写真は歩行者通路を上まで上がっていったところで撮った写真です。

僕はこの状況を見た時は本当に絶句しましたね。

 

しかもこれはほんの一部なんです。

熊本城の殆どがこのように崩れている状態のままほぼ手付かずの状態で残っています。

 

ココまで崩れてしまったら完全に復元するまでにどれくらいの時間とお金がかかるんでしょうかね…

 

これはさっき写真からまがった通路を撮ったものです。

見てわかるように右側には土嚢がつまれています。

いつ崩れるか、いつまた余震が来るかわからない状況ですからね。

観光客もたくさん来ているのが見て取れると思います。

 

これは先程の通路を更に先に進んだところから撮った写真です。

 

こちらも桜に隠れて見えにくいですが、石垣が崩れているのがわかると思います。

 

 

これは上の写真と同じところから取ったもので、コレはほんの一部なのですが、崩れた石垣は全てナンバリングされてこのように並べられています。

途方に暮れるような作業だと思います。

 

これは熊本城の二の丸広場というところから撮った写真です。

此処から先は足の踏み場もないくらいに全て崩れ去っています。

震災当時ここに人がいれば大勢の犠牲者が出ていたでしょう…

地震が起きたのが夜だったのは不幸中の幸いですかね。

 

これも同じ二の丸広場から撮った写真です。

 

石垣が見るも無残な姿ですね。

 

こちらも未だに地震当時のままで手付かずの状態です。

 

 

最後にこちらは少し離れたところからアームを撮った写真です。

このアームが早くとれることを願います。

 

まだまだ復興には程遠いけど、少しずつもとに戻りつつあります。

熊本城もまだボロボロの状態ですし、未だに仮設住宅に住む方もいます。

余震も続くなか不安な日もありますが、少しずつもとの生活に戻りつつあります。

 

先程も書きましたが外国人も含めた観光客も増えてきましたし、街中の活気も戻ってきてます。

 

皆さんの支援あってこそです!僕自身も支援物資には本当に救われました!

 

ですがまだまだひどい地域はひどいままです。

 

このような熊本の状況を再認識していただけるとうれしいです。

 

僕も熊本県民として!これからも復興支援ボランティアなど頑張っていこうと思います!!!

 

熊本を、九州を応援してもらえたらうれしいです。

 

 

 

 

以下の文章は読まないでください。今よりも人生の質を上げたい人以外は。

いきなり誰だ?って思うかもなので自己紹介します。

僕は20歳の頃に起業して、大学在学中に月収100万円を達成しました。

Fラン大学の入試に2回も落ちて、何も才能がなかった僕ですが

パソコン一台で収入を得ています。ガチです。

 

「そんなわけないじゃん。どうせ詐欺みたいな怪しいことしてるんじゃない?」

と、昔の僕も同じこと思ってました。それも仕方ないです。

 

何故なら人は

限られた思考、限られた価値観、限られた空間、限られた視野、自分の見える範囲内でしか行動できませんからね。

 

僕は学歴も資格も才能もないただのFラン大学生でした。

そんな時、運よくネットビジネスに出会ってから人生が180度変わりました。

胡散臭いネットビジネスを学んだことで思考できる範囲が広がったわけです。

 

ビジネスって学びさえすれば誰でも自信を得て稼ぐことが出来る世界です。

今まで学校の勉強は苦手だったんですが

ビジネスと出会ってマーケティングやライティングなどを真摯に学んできました。

 

おかげで自分に自信を持つことができるようになりましたし

ビジネスを始めてから目標にしていた月収100万円も達成することができました。

正直かなり美味しい勉強でしたが、ここまで言っても信じない人は信じません。

 

環境はなかなか変えられませんが、自分自身を変えることならできます。

僕は正しい方法で、正しい努力をすれば誰もが成長できると信じてます。

社畜だろうがFランだろうが関係ありません。

 

そんな僕が作った電子書籍を無料公開しています。

「ネットビジネスって怪しいけど、実際どうなの?」ってところをお話しています。

 

”怪しい”と思うならまず読んでみてください。

視野が広がります。もちろん無料です。

熊本地震に被災した過去と、ビジネスの仕組み解説書を読んでみる。

メールアドレスの入力ですぐに受け取れます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

もしこのブログが役に立った!と感じたら下のシェアボタンから

是非ブログのシェアをお願いします。

コチラの登録フォームからも特典の受け取りが可能です。

※メールマガジンの登録解除はいつでも可能です。Gmailでの登録をお勧めしています。

 個人情報は暗号化のもと厳重に管理されます。

ライン@でも気軽にメッセージやご質問などを受け付けてます。

友だち追加

⇒はやとの詳しいプロフィールはこちら

コメントを残す