コピーライティングのスキルを身につけると収入が跳ね上がる。

こんにちは、はやとです。

 

今日はコピーライティングをのスキルを身につけると収入が跳ね上がるよってはなしをしていきます。

他の記事やメルマガでも話していますが

ネットで稼いでいくためにはコピーライティングは必須になります。

 

そして、コピーライティングを身につけると収入も一気に跳ね上がります。

コピーライティングがうまくできない人って多いので

コピーライティングができるだけでもだいぶ有利になります。

 

コピーライティングを覚えるだけで

数十万円というような高額商品も売ることが可能になります。

 

商品を売るために必須となる文章がコピーライティングですが

色んな誤解をしている人が多い。

 

ということで今回はコピーライティングスキルを身につけた僕がコピーライティングについてお話していこうと思います。

 

コピーライティングテクニックを使えば売れる!は間違い。

まずですね。

前提としてお話しておきたいのですが

コピーライティングテクニックを覚えてそれを使いまくってお客さんに読ませれば売れる!

 

って言うのは明らかな間違いです。

むしろそんなことをやってると売り上げは落ちます。

 

コピーライティングを身につけると文章が下手になる。

コピーライティングを覚えると文章が下手になる人が沢山います。

昔の僕もそうでした。

 

コピーライティングの勉強を初めて

とにかくテクニックを駆使して文章を書いてました。

 

けど・・・

 

全く商品は売れませんでした。

なぜ売れなかったのかと言いますと

テクニックを押し出しすぎて胡散臭くて売り込み臭の激しい文章になっていたからです。

 

そしてもっと悲惨だったのが・・・

 

売り込み臭が激しいということに

自分では気が付けなかったということです。

 

文章は人に添削してもらって初めて客観性を持つ。

僕はビジネスを始めたころに先輩の経営者の方にコンサルを受けてまして、

その師匠が運営するコミュニティの中でコピーライティングを鍛えてました。

 

そのコミュニティでは毎日記事の添削会をやってたんですけど

そこで添削を受けた時に初めて自分の文章がつまらないと自覚しました。

 

そこでやっと目が覚めた感じがして

コピーライティングのテクニックとかノウハウって意味がないなーと思いました。

 

コピーライティングの本質は相手に画で想像させること。

コピーライティングにテクニックもノウハウも必要ありません。

ただ、1つだけ意識しなければならない部分があります。

 

それが・・・

 

相手に画で想像させることのできる文章

です。

文章を読んでもらって

具体的に、相手の頭の中で想像が出来る文章。

これが理想形です。

 

コピーライティングのテクニックなんて枝葉末節です。

基礎は相手にいかに想像させることができるか?

というところになります。

 

本質を抑えてコピーライティングを使ったら商品が売れるように。

で、僕も本質を抑えてコピーライティングを訓練していきました。

そうしていくうちに

数万円、数十万円というような高額商品がぽんぽん売れるようになっていました。

 

もちろん売り上げが上がったこともそうなんですが

僕自身に興味を持ってくださる方がとても増えました。

このページを見てもらえればわかると思いますが

メルマガ読者がどんどん増えてるんですよね。

 

そして返信をもらうことも日常茶飯事になりました。

 

もちろん僕が書く文章ってコピーライティングをありきなんですけど

今はそんなに強く意識することはなくなりました。

 

もちろん練習し始めのころはがちがちにルールに従って文章を書いていましたが

記事を書いていく中で少しづつ型を崩して

自分なりの表現を多く入れるようになりました。

 

たまに、コピーライティングの依頼が来ることはあるんですが

その時はがっつり「人を動かす」ということを意識して文章を書きます。

 

けど基本的には自由に書いてる感じです。

ただこれは訓練したから自由に書いても反応が取れるようになったわけで

基礎はずらしていません。

 

分かる人には分かると思いますが

僕が書いてるブログは全部型にはまっています。

ライティングの型からそれない程度に自由に書いていくって感じですね。

 

 

コピーライティングは怪しいものではない。

ここで一つ誤解をしてる人もいると思うので伝えておきたいのですが

コピーライティングは決して怪しいものではありません。

 

コピーライティング=商品を売りつけるための文章

というイメージを持ってる人が多いですが、そうではありません。

 

もちろん商品を売る時にもコピーライティングは使うんですが

コピーライティングって情報を正しく分かりやすく届けるスキル

だと思っています。

 

コピーライティングって心理学的な要素も多く含まれるんですけど

コピーライティングが上手くなれば話が上手くなったり

人を引き付けられるような話し方ができるようになります。

 

 

例えば大統領の演説

会社でのプレゼンテーション

学校での発表

友達との何気ない会話

etc…

 

これら全てにコピーライティングが使えます。

逆をいいますと、

コピーライティングが出来てない人って話がへたくそな人が多いです。

 

ちなみにですが僕はビジネスをはじめ、コピーライティングを学んでから

大学の教授からも話が上手いと言われるようになりました。

 

コピーライティングを身につけると無敵。

コピーライティングを身につけると無敵になります。

ガチでくいっぱぐれがなくなります。

 

僕はコピーライティングを鍛えることで大幅に収入が増えました。

そして年収の限界なんてないなとすら感じるようにまでなりました。

 

なんでかっていったらメルマガをやってるからです。

ステップメールという機能を使うことで、お客さんがが増えれば増えるほど

自動的に収入が増えていくというスパイラルに入ることができました。

 

ちなみにこういうマーケティング手法をダイレクトレスポンスマーケティングって言います。

 

ブログやメルマガから収益が出せるようになったのも

全てコピーライティングができるようになったからです。

ブログやメルマガは資産として半永久的に収益を生み出してくれます。

 

人を動かす文章が書けるようになり自動でメールをお客さんに送るシステムと掛け合わせれば

家で寝転んでいても働かないまま稼げて自由に生活できます。

だからコピーライティングを覚えると年収が跳ね上がるんですね。

 

コピーライティングは訓練すれば書けるようになる。

最後になりますが、コピーライティングは訓練すれば誰でも書けるようになります。

ただ最初はやっぱりある程度の練習は必要です。

 

コピーライティングを書くにはまず型を覚える必要があるのですが

コピーライティングの型や練習方法は下の記事に書いてるので

合わせて読んでみてくださいね。

ライティングが上達する3ステップ。無思考な写経は今すぐ辞めよう。

 

 

ということで今回はコピーライティングのスキルを身につけると収入が跳ね上がるよっていう話をしてみました。

ネットビジネスって怪しいの…?どんなもんなの?

僕は20歳の頃に起業して、大学在学中に月収100万円を達成しました。

Fラン大学の入試に2回も落ちて、何も才能がなかった僕ですが

パソコン一台で収入を得ています。

 

「そんなわけないじゃん。どうせ詐欺みたいな怪しいことしてるんじゃない?」

と、昔の僕なら思うかもしれません。

しかし、これは紛れもない事実です。

 

僕は学歴も資格も才能もないただのFラン大学生でした。

そんな時、運よくネットビジネスに出会ってから人生が180度変わりました。

今では自分一人で事業を回し、

人に教えることも増えて感謝のメールまで届くようになりました。

 

ビジネスはきちんと学びさえすれば誰でも自信を得て稼ぐことが出来る世界です。

今まで学校の勉強は苦手だったんですが

ビジネスと出会ってマーケティングやライティングなどを真摯に学んできました。

 

おかげで自分に自信を持つことができるようになりましたし

ビジネスを始めてから目標にしていた月収100万円も達成することができました。

 

環境はなかなか変えられませんが、自分自身を変えることならできます。

僕は正しい方法で、正しい努力をすれば誰もが成長できると信じてます。

そんな僕が作った電子書籍を無料公開しています。

 

「ネットビジネスって怪しいけど、実際どうなの?」ってところをお話しています。

良かったら受け取ってください。

電子書籍「成功への道標」を無料で読んでみる。

メールアドレスの入力ですぐに受け取れます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

もしこのブログが役に立った!と感じたら下のシェアボタンから

是非ブログのシェアをお願いします。

コチラの登録フォームからも特典の受け取りが可能です。

※メールマガジンの登録解除はいつでも可能です。Gmailでの登録をお勧めしています。

 個人情報は暗号化のもと厳重に管理されます。

ライン@でも気軽にメッセージやご質問などを受け付けてます。

友だち追加

⇒はやとの詳しいプロフィールはこちら

コメントを残す