ブログのリライトは絶対にやれ!PVを2倍にして収益化するための方法

はやと無料コミュニティ始動!
年収500万円以下の方向け。会社に依存せずに稼ぐスキルを身に付ける資料を無料で受け取れます。※公開後Twitterで80RT以上拡散されました。

はやと公式コミュニティ始動!新教材を今限定で無料配布中!無料で受け取るならこちら

どうも!はやとです。

 

今日はブログのリライトについて書いていきます。

というのも「ブログ書こうぜ!」っていう人はいても、「ブログ記事リライトしようぜ!」っていう人はなかなか少ないと思う。

ブログ記事のリライトはかなり重要です。何故かと言いますと

 

ブログ記事ってリライトして上げるだけで一気にアクセス数が跳ねたり

サイトからのコンバージョン(収益化)も上がっていくからですね。絶対にやるべきです。

今回の記事では具体的なリライト方法を目的別に応じて書いてみましたので、是非参考にしてください。

 

そしてもう一つ、「役に立つ記事」が正解だと思っている方は是非最後まで読んでください。

役に立つ記事は正解ではありあせん。では書いていきます。

 

ブログのリライトをしない人=稼げない人です。

はっきり言いますが、ブログ記事のリライトをしない人はまず稼げません。

「ブログで稼いでいこうと思っている。Webライターとして稼ぎたい。」そう思うのであればリライトの知識は必須になります。

 

何故かブログ記事のリライトって舐められがちですが、

ブログ記事はちょっとテコ入れして上げるだけでも大きくアクセス数を伸ばしてくれます。

 

もちろん、リライトだけに集中してしまうのは良くないですが

リライトをしないっていうのはもったいなさ過ぎる。

 

自分でやるのが面倒ならクラウドソーシングで外注してもいいのかなと思いますね。

個人的にはブログのリライトはお金も時間もかけていい部分だと思っています。

 

特にメインの集客先がSEOの人は絶対やるべきですし

SNS集客メインの人でもブログを育てておくことで資産化が可能になります。

 

ブログのリライトをする前に知って置かないと損すること。

ブログ記事のリライトをする前に、絶対に知ってて欲しいことがあります。

それは、ブログ記事のリライトは目的によって異なる。ということですね。

 

例えば僕のブログ記事は完全にSEOを狙った集客用の記事があったり、メルマガへの誘導を促す教育の記事があったり、僕自身への信頼を高めるファン化の記事があったりします。

 

つまり

明確な目的をもって記事を執筆しているので
その目的に合わせたリライトが出来ないと意味合がありません。

はやと
そもそも記事に目的を持たせないのは論外ですね。リライト以前の問題です。

リライトには目的によってやり方が変わる。

ということで大きく分けてブログをリライトする目的は2つあります。

  1. コンバージョンを上げるためのリライト
  2. SEOの順位を上げるためのリライト

大きく分けてこの2つがブログ記事リライトの目的になります。

 

  • 自分がどういう目的でその記事を書いたのか?
  • その記事をどうしたいのか?
  • ブログに訪れた読者にどんな行動をとってほしいのか?

リライトする前にこのあたりをまず明確化する必要がありますね。

 

あなたの記事のSEOの順位を上げたいならそのためのリライトが必要だし、コンバージョンを上げたいならそのためのリライトが必要です。

 

既にアクセスがある記事から優先的にリライトすべし。

そして実際にやることが決まれば、記事をリライトしていくわけですが

そこで疑問になるのが、「どの記事からリライトするのか?」ということです。

 

答えは簡単で、既にアクセスがある記事、結果を出している記事から優先的にリライトしましょう。

なんでこのように優先順位を付けるのかといいますと、0→1を作るよりも、1→2に上げる方が簡単だからです。

実際に僕もアクセスのある記事をリライトしたところ、1日で5リスト以上その記事からコンバージョンしたこともありました。

 

きちんとリライト出来ればガチでアクセスが伸びるんで、モチベアップにも繋がります。

ということで

ブログ記事のリライトは
アクセスが多い順からやってください。

 

ブログのリライト方法

というこでここからはブログのリライト方法について解説していきます。

さっきも話したように

  1. コンバージョンを上げるためのリライト
  2. SEOの順位を上げるためのリライト

ブログ記事のリライトにはこの2種類がありますので、こお2つを解説していきます。

 

コンバージョンを上げるためのリライト方法:内部リンクの充実

コンバージョンを上げるためには内部リンクをいじってみるのが一番効果があります。

例えばアフィリエイトだったら、アフィリエイトリンクそのものの挿入であったり、アフィリエイト商材を売るための教育記事へのリンクだったりを入れます。

 

リンクは多すぎてもダメだし、少なすぎてもダメ。

これはターゲティングにもよりますので地道に計測していくしかないです。

 

ポイントは見出しの前にリンクを入れることです。

理由は人の性質として一呼吸置くタイミングでのクリック率が上がるから。

 

コンバージョンを上げるためのリライト方法:文字の装飾

文字の装飾も大事です。

具体的にどういう部分を装飾するのかといいますと、コンバージョンを連想させる言葉を主に強調します。

例えばメルマガ登録であれば「無料・1円もかからない・10秒で登録」など登録を連想させる言葉を強調したりします。

 

他には僕の場合には負の感情を煽る文章や、その見出しの中でのまとめとなる一文も装飾していることが多いです。

これはシンプルに読みやすくなりますし、それと同時に読者の問題点を明確化することにも繋がります。

はやと
装飾のやりすぎには注意しましょう。本当に強調したい部分だけをアピールしないと逆効果です。

 

コンバージョンを上げるためのリライト方法:CTAエリアの改善

CTAエリアの改善は僕が一番気合いを入れている個所と言っても過言ではないです。

ぶっちゃけここの文言で登録率は天と地の差が生まれます。

CTAとは「call-to-action」の略で、ブログ記事の末尾で読者への行動を促す部分のことを言います。

 

CTAエリアも奥が深いです。

画像なのか?テキストなのか?でも大きく変わりますし、テキストリンクならどんな文言を使うのか?でも大きく変わってきます。

ここもブログのジャンルやターゲティングによって変わってくる所ですので計測が必須になります。

ちなみにCTAエリアについてのアドバイスが欲しい方はこちらからご連絡ください!

はやと
CTAは心理トリガーを使うことでクリック率が上がります。

 

SEOの順位を上げるためのリライト方法:見出しの追加、削除

次にSEOを上げるためのリライトについて解説していきます。

SEOを語る上で欠かせないのが見出しですね。

リライトする場合にはライバルサイトをリサーチした上で、見出しの追加や削除も行いましょう。

 

見出しはGoogleがSEOの順位を決めるときの評価基準の一つになります。

見出しを作るポイントとしては、基礎的な情報を網羅した上で、次に欲しくなる情報も入れることです。

 

例えば今書いている記事だと、あなたはブログ記事のリライト方法に関する悩みを持っているからこの記事に訪れました。

そしてこの記事を読んでいく段階で、具体的なリライト方法が分かります。

そしてリライト方法が分かれば、ブログに訪れたアクセスをどうやってマネタイズするか?に興味が移るはずです。

 

つまり、ブログ記事を読む前と後ではニーズに変化が起きているということ。

だから読後のニーズをくみ取るような見出しを作ることでユーザビリティが上がり、結果としてGoogleからの評価も上がります。

ちょっと難しく感じるかもしれませんが、今の文章はめちゃくちゃ重要なことを話してるので何度も読み直してください。

 

SEOの順位を上げるためのリライト方法:共起語を意識したリライト。

意外と知らない人多いですが、共起語を意識してリライトするのも大事だといわれています。

共起語とは、あるキーワードが出現した時に、一緒に利用されるキーワードのことを言います。

 

例えば、「アフィリエイト」と検索した時に、同時に利用されるキーワードとして「ブログ」や「サイト」などがあります。

この場合の「ブログ」「サイト」がアフィリエイトに対する共起語です。

つまり、リライトをする場合にはこの「ブログ」「サイト」というワードも見出しや本文に加えつつリライトするのがお勧めです。

 

SEOの順位を上げるためのリライト方法:体験談を加える

体験談を加えていくのもかなり重要です。

なぜ体験談を入れるのが大事なのかと言いますと、他の記事との差別化を図るためです。

 

ありきたりな記事って読まれないんですよねー。

特にサイトアフィリエイトとかで、何か商材を売ることを目的にしているなら体験談はないとダメです。

ダイエットのサイトなら体型に関する悩みを語ったり、実際に商品を使った感想を語ります。

 

そして体験談を入れるだけで筆者の人柄が出たりするのでファン化にも繋がります。

体験談はガシガシ入れていくべきですね。

 

もしも「体験談がないよ~」っていう人は

実際に体験してみるか、知り合いの話や、リサーチした内容など他人の感想や体験談を引用するのもアリです。

 

SEOの順位を上げるためのリライト方法:情報を新しくする。最新情報に更新。

基礎基本ではありますが、情報を新しくしていくのは重要です。僕のブログもアクセスの多い記事から情報を新しくしています。

 

どんな情報を新しくするのかと言いますと、実績や経験はもちろんのこと、商品の情報やスペック、法律に関わることは常にアップデートするのがセオリーですね。

情報が古いと読者さんからは「このサイトそのものがめちゃくちゃ古くて放置されているんじゃないか?」と思われて、二度と読まれなくなることだってあり得ます。

 

特に情報発信をしていくのであれば情報の鮮度は大事です。

常にアップデートを心掛けていきましょう。

 

ブログ記事のリライトまとめ

 

はやと
ということで色々書いてきましたので、一旦ブログ記事のリライトについてまとめます。
  • ブログ記事をリライトしない人は稼げない
  • ブログ記事のリライトには、コンバージョンを上げることが目的なのと、SEO目的の2種類がある
  • コンバージョン上げたいなら、内部リンク、文字装飾、CTAが大事
  • SEO上げたいなら、見出しの追加と削除、体験談の追記、情報の更新が大事

 

そもそも上位表示出来てない記事はどうするの??

そもそも上位表示出来ていない記事はどうするのか?ということについても解説します。

これに関して言うと、コンバージョンもクソもありませんのでSEOを意識したリライト一択です。

アクセスが来てないんだからコンバージョンのしようがありませんよね笑

 

ということで、上位表示出来ていない記事はキーワードの見直し、見出しの見直しの改善を行っていきましょう。

もちろん記事単体のリライトもそうですが、上位表示にはカテゴリーやタグ等その他の要素も関わり合ってきます。

 

リサーチの見直しが重要!

記事の上位表示出来ていない時って、多くの場合がリサーチ不足です。

ライバルサイトのカテゴリー、記事数、文字数、見出しをリサーチしてそれを超えていけば自ずと上位表示は可能です。

SEOは椅子取りゲーム。他サイトより良いものを作る気合いも結構大事です。

 

リサーチのチェック項目は以下の通りです。

  • ライバルサイトの記事タイトルにあるキーワードは?
  • カテゴリーは?
  • 見出しのキーワード、見出しの数は?
  • ユーザビリティは?
  • 内部リンクは?
  • キーワードボリュームは?

最低でもこの辺はチェックするようにしておきましょう。

 

全記事を通して意識したいこと

ブログをやる目的って人それぞれだと思いますが、特にこの記事を読んでいるあなたの目的は収益化だと思います。

収益化するためにブログ記事を書くのであれば、まずは最後まで読んでもらう。

記事の末尾までスクロールしてもらうこと。これを意識して頑張ってみてください。

 

記事を初見で見られた時に先に読み進めるか、ページバックするかは3秒で決まると言われています。

だからまずは記事冒頭で強烈に読者を引きつける。

そして最後まで読んでもらう。

そしてCTAエリアでリンクをクリックして任意のページに移動してもらう。

 

そうやって初めて記事が生きてきます。

「へー。なるほど。役に立つ記事だな。」で終わる記事や文章はダメな記事です。

本当に良い記事や文章は「したくなる」記事です。

 

役立つ記事で終わらないようにしっかりと読者を惹きつけましょう。

そのためには文章だけでなく心理学も学んでおくべきです。

僕は大学で心理学を学びましたが、今のビジネスにかなり役立っています。

今でも心理学系の文献は読み漁っています。

 

それぐらい言葉で人は動きますし、

言葉や文章を操る技術が身に付けば簡単に年収は上がります。

 

是非SEOを意識した文章だけでなく、人を動かす文章を学んで使いこなせるようにしてみてください。

人を動かし年収を上げる文章に興味がある方は、是非僕のコミュニティへどうぞ。

新教材の中で仕組みや心理学について深く語っています↓

なぜ年収が上がらないのか?会社に行かずに1年で年収を400万円あげる方法

この度、Webマーケティングのスキルを学び、会社員がまずは月5万円を稼ぐためのコミュニティを作りました!

参加者には今限定で、ネットで稼ぐ仕組みを解説した新しい教材を無料でプレゼントしたり、その他ブログ、SNS、メルマガで稼ぐ手法など、Webを使った収益化の話をメインに、心理学の話やキャリアの話を物語形式で配信してます。

「年収を上げたい!」という方は下の記事を読んでみてください。

【無料】はやと公式コミュニティでTwitterで公開後に80RT以上拡散された新教材と書籍が限定でダウンロードできます。詳細はこちら。

【人気の記事▼】

【口コミ】無料noteを公開!アフィリで250万円売り上げ、広告費ゼロで2572人以上の見込み客を集客する軌跡

【体験談】当サイト運営者「はやと」の自己紹介 。熊本地震に被災した過去と心理学科から起業した理由

コメントを残す