ZOZOTOWN前澤さんの1億と、すしざんまいのマグロ3億から学ぶこと。

はやと公式コミュニティ始動!
時間がない会社員でも出来る!会社に依存せずに稼ぐスキルを身に付けてみませんか?

はやと公式コミュニティ始動!新教材を今限定で無料配布中!

どうも、はやとです。

 

今日はZOZOTOWN前澤さんとすしざんまいのマグロについてお話していきます。

もう結構前になるんですけど、

ZOZOTOWNの前澤社長がTwitterで1億円をばら撒いたことが話題になりました。

で、それと似たようなもので

毎年、お正月にはすしざんまいの社長がマグロを競り落としてますよね。

 

 

2019年の競りではマグロ一匹を3憶円で競り落としました。

前澤さんの1億円ばらまきと

マグロにはとある共通点があります。

 

結構感のいい人や、マーケティング勉強している人は

既に何の話をするのか分かるかと思いますが

Twitterで1億ばら撒くのと、マグロを3億で競り落とすことの共通点を

考えながら読んでいただければと思います。

 

ではいきます。

ZOZOTOWN前澤さんの1億円ばら撒きについて。

まずは、ZOZOTOWNの前澤さんの話からしていきます。

冒頭にも書いたように、前澤さんはTwitterで1億円を配るという趣旨のツイートをしました。

で、それが話題になりテレビでもしっかりと取り上げられたわけです。

 

タレントや芸能人が

「お金で注目を集めたいだけだろ!」

みたいな発言をしていたんですが、

そういう発言も含めて、前澤さんのマーケティングに誘導されてるなーと思います。笑

 

前澤さん的にはどんどんテレビで発言して討論してもらった方が話題になるんで

文句を言われても美味しい訳です。

 

お金で注目を集めるのは悪なのか?

そもそもですが

「お金で注目を集めたいだけだろ!」

なんていうタレントや芸能人ってテレビが広告で成り立っていることを

理解してるんでしょうかね?

 

テレビ局にスポンサーが付いたり、広告費(CM料)を払う企業があり、

それを予算にして視聴率のとれる番組を作る。

 

そこに芸能人やインフルエンサーを起用して、

対価としてギャラを支払う。

 

「お金で注目を集める」

という本質的な部分は前澤さんもテレビも同じですよね。

それを個人でやるかテレビでやるかの違い。

 

やっぱり感情論でものを言うと足元すくわれますね。

ビジネスも同じで

全体像や本質を理解していないと売り上げって伸ばしにくいです。

 

何するにしても、全体像を把握した上で

仕組みを組み立てないといけません。

 

全体像を知らずにビジネスやるってのは、

交通ルールを知らずに車の運転をするようなものです。

 

ルールを知らなかった事故ります。

そこで人生終了です。

事故らないようにルールを覚えるのが大事。

 

当然ながら1億円ばら撒く意味がある。そこを考えるべき。

で、話を戻しますが

ZOZOの前澤さんもテキトーに1億ばら撒いてるわけじゃないです。

当然ながら

1億円をばら撒けば話題になる。

だからTwitterで1億円を配るというキャンペーンを行ったわけです。

 

違う言い方をすると、

お金を使うと、お金が増える。

ということを理解した上での行為です。

 

実際情報番組などでだいぶ話題になりましたし、

前澤さんのものまね芸人が、総額1万円を配るというパロディもやってました。

 

そして、僕もこうして前澤さんをネタにブログ記事を書いている訳なので、

間接的にZOZOTOWNの宣伝をしていることになります。

 

前澤さんのツイートがTwitterのRTで世界記録を樹立。

で、前澤さんが行った1億円キャンペーンですが

かなりの効果がありました。

 

Twitterでかなりのバズり具合になりまして

Twitterのリツイートで世界記録を樹立しました。

 

日本どころか、世界中にZOZOTOWNの名を知らしめたことになります。

たったの1億円で。

 

テレビ広告の比にならない。

当然ながら、この1億円キャンペーンはテレビCMの比ではありません。

日本中、世界中にZOZOTOWNの名を知らしめたわけですから

純粋に広告費をかけて宣伝しようとおもったら

いくらかかるかわかりません。

 

それを前澤さんはたったの1億円で成し遂げました。

広告としては大成功です。

 

お金を使えば、お金が増えるは資本主義の原則。

お金を使えばお金が増えるってわけわかんないと思いますが、

冷静に考えればごく当たり前のことです。

 

会社は従業員を雇い、労働の対価として給料を払います。

なんで会社は給料を出してまで人を雇うのか?

ってとこなんですけど、

給料以上の売り上げを出すことが出来るからですね。

 

給料を払っても、むしろ儲かるということが分かってるから

人を雇うんです。

 

とはいえ、無思考に金を使いまくればいい訳ではない。

ZOZOTOWNの前澤さんのように

広告費を使いまくればいいや!

ってわけでもありません。そりゃ違う。

 

大事なのは

「お金をかけると収益が生まれる仕組みを持っている」

という部分です。

 

すしざんまいのマグロ一匹3億円について。

すしざんまいって毎年お正月の初競りで

マグロを超高額で競り落としています。

 

2019年にはマグロ1匹を3億円で競り落としました。

冷静に考えるとマグロ一匹で3億円は大赤字です。

普通のすし屋がそんなことをやっていたら潰れる。

 

けどすしざんまいの社長は毎年しっかりマグロを買います。

それはなぜか?

お金を使えばお金が増えることを知っているからです。

 

3億円マグロは広告費だ。

3億円でマグロを買う理由って広告費です。

「すしざんまいがマグロを3億円で競り落とした!」

 

ということがニュースや新聞等で取り上げられる上に、

お正月なので寿司が人気。

さらに、ニュースを見てすしざんまいへ行く顧客が増える。

つまり、すしざんまいは儲かるということです。

 

マグロはトレンドを意識した立派なマーケティングだったわけですね。

ただこれは、

すしざんまいが全国展開して、利益が上がる仕組みを持っているからこそできることです。

 

まずは仕組みを作ることが大事。

まずは、売り上げが立つ仕組みを作りましょう。

すしざんまいや、ZOZOTOWNは売り上げが立つ仕組みを持っています。

 

仕組みって、要は自販機みたいなものだと思ってください。

100円を入れれば、100円のジュースが出てくるという

結果が保証された仕組み。

 

で、売れれば売れるだけ利益は出る訳ですから

あとはそこにどんどん人を流せばいい。

すると、どんどん売り上げは増えていきます。

 

広告を打つ、売上が上がる、株価上がる。

そして、資産が爆発的に伸びていく。

こうしてどんどん収益は伸びていきます。

 

ネットのビジネスは仕組み化しやすい。

で、僕はブログとかメルマガを使ったビジネスを進めてるんですが、

理由としては仕組み化がしやすいからです。

 

ある程度仕組み化出来てくると、

いくら広告費をかけるといくら儲かるのか?

という部分が分かってきます。

 

そうなると、勝ち確定です。

やればやるだけ儲かるようになってきます。

それがブログとかメルマガで出来る。

 

しかも初期費用が鬼のように低いし、

日本語の読み書き、喋りが出来ればそれでOKなわけです。

マジで最強。

 

だからこそ僕はブログなりメルマガなりをお勧めしています。

まずはネットをうまく使って仕組み化していきましょう。

 

ということで今回は

ZOZOTOWNの前澤さんの1億円、すしざんまいの3億円マグロについてお話してみました。

 

世の中のニュースに対して

なんで?どこでお金が動いてるの?と疑問を持つだけでも勉強になります。

積極的に考えて脳みそ使っていき、思考を強化しましょう!

P.S.

そういえばこの度、1日3分だけで会社に依存せず稼ぐスキルを学び、人生逆転を目指す無料コミュニティを作りました!

参加者には今限定で、ネットで稼ぐ仕組みを解説した新しい教材を無料でプレゼントしたり、その他ブログ、SNS、メルマガで稼ぐ手法など、Webを使った収益化の話をメインに、心理学の話やキャリアの話を物語形式で配信してます。

詳しくは下記ボタンをクリックしてみてください

こちらはコミュニティ参加特典の動画で学んでくださった方からの感想です↓

こちらは僕の自己紹介↓


無料コミュニティ始動!


コメントを残す