偏見のコレクションと経営者の常識

この記事を書いた人

はやと
初めまして、サイト管理人でこの記事の著者のはやとです。

2016年夏、大学2年生の時に熊本地震に被災。その後労働のあり方に疑問を抱く。その後インターネットを活用したビジネスの存在を知り、本格的に勉強を始める。アフィリエイトやWebマーケティング、ライティングなどを勉強し、在学中に月収100万円を達成。自身の過去と起業した経緯を語った書籍をAmazonから発売。学歴コンプレックスを抱えているが、ビジネスを勉強して自分のスキルを磨くことで少しずつ克服。ビジネス×心理学で人生の質を上げることが理念。<<電子書籍とノウハウを無料公開中>>

詳しいプロフィールはこちら

 

こんにちは、はやとです。

 

今朝起きたら僕の銀行口座に2万円振り込まれてました。

厳密にいうと20,555円振り込まれてました。

こんな生活って異次元だと思いますか?

非常識だと思いますか?

 

今日はそんな常識とか非常識とかっていう価値観について話していこうと思います。

今日のメルマガのタイトルは偏見のコレクションと経営者の常識っていうタイトルにしましたが、

このタイトルで一見「何のこと?」って思うかもしれません。

 

 

けど今回は大事なお話をしていきますので

是非最後まで読んでくださいね。

 

ネットで稼ぐのは胡散臭い?ネットで稼ぐ企業や個人がほとんどです。

インターネットビジネスの世界って世間的には

  • 怪しい
  • 胡散臭い
  • ありえない

って思われがちですよね。

 

 

実際僕も最初は

「ネットでお金を稼ぐ何てできるのかな~?」

って感じで

いまいちピンと来てませんでした。

 

 

しかし、ネットで収益を上げる手順だったりノウハウを1つ1つ学んでいくことで

「あ~~なるほどね。こういう仕組みか。」

って理解できるようになっていて

確か実践4か月目くらいで自分の作ったサイトから収益が発生していました。

 

 

誰に雇われるわけでもなく、自分だけの力でお金を稼ぐことができました。

そして冒頭にも書きましたが、今朝起きてたら2万円以上のお金が振り込まれていました。

 

 

恐らくこんな生活は、1年ほど前の自分からしたら間違いなく

異次元な生活です。

でも、寝ててもお金が入ってくるような生活って

僕だけじゃなくて、経営者なら当たり前に経験する世界なんですよね。

 

 

けど多くの人が、実際に見たり聴いたり経験もしてないのにも関わらず

「そんなの嘘だ!」

「詐欺だ!」

みたいなことを頭ごなしに言ってきます。

けどそれって無理もないことなんですよね。

 

アインシュタインの名言について

あの有名なアルベルト・アインシュタインが残した言葉でこういう名言があります。

「常識とは18歳までに身に付けた偏見のコレクションのことを言う」

この言葉に僕は深く共感しました。

 

 

ビジネスを始める前の自分はまさに偏見のコレクションの中だけで生きてたなーと。

偏見のコレクションをたくさん持っていればいるほど

質が高くていい情報が埋もれちゃうんですよね。

 

 

沢山のゴミの山から3ミリくらいの綺麗なダイヤモンドを探すのってまぁ無理じゃないですか。

ネットビジネスの業界ももろそれだなって思うんですね。

 

 

1日5分の作業で100万円!

ワンクリックで50万円!

みたいなものはさすがに嘘ですが

僕が教えてるようなビジネスって正しい方法と正しい努力さえ積み重ねれば

誰でも稼げるビジネスなんです。

 

 

偏見のコレクションに埋もれている人は、なかなか本質が見えないですよね。

じゃあどうやったら本質が見えてくるのかって話なんですが

本質をとらえる方法は簡単です。

 

 

「何故?どうして?」

これを追及してみてください。

 

 

なぜネットビジネスは不労で稼げるのか?

なぜネットビジネスは大きい金額を稼ぐことができるのか?

なぜネットビジネスは個人でも億を目指すことができるのか?

 

 

嘘だ!ありえない!

そういう言葉を口にする前に一回自分で「なぜ?」と考えてみてください。

 

 

まずは自分で何故?と考えることが大事です。

これがめちゃくちゃ重要です。

自分で確かめる癖をつけることで本質が見えるようになってきますし

質が高くていい情報も埋もれにくくなります。

 

 

逆に日ごろから「なぜ?どうして?」と考えない人ってのは

どんどん偏見のコレクションが積み重なっていきます。

何も疑うことなくどんどん偏見のコレクションが積み重なっていって

結局のところ損してしまいます。

 

他の人がああ言ってるから

他の人がそう言っているから

そうやって周りの意見に振り回される前に自分で確認する癖を付けましょう。

 

 

特に日本人の場合、多数派=常識といった価値観の人が多いです。

日本人の大半が労働人口なので

経営人口の意見が非常識だとされるのは仕方ない部分があるのかもしれませんが

それは違います。

 

 

あくまでも労働者の常識と経営者の常識なんです。

 

 

けど労働者の多くは経営者の常識を知らないから、

ネットでお金が稼げるとか、寝てても収入が発生するっていう経営者の常識を

非常識だと勘違いしてしまうわけです。

 

 

必ずしも多数派が正しいとは限りません。

むしろ人は集団になると判断力が欠如するっていう心理的なデータもあります。

なぜなら「考えなくなるから」ですね。

 

 

なので論理的思考ができない集団は考えることを辞めて

どんどん人の言いなりになるのでどんどん悪い方向に向かっていきます。

これを心理的にリスキーシフトって言います。

 

 

逆にしっかり考えることができて目標に向かって進める集団は

コーシャスシフトって言います。

このメルマガを読んでくれてるメンバーで是非コーシャスシフトしていきたいですね。

 

 

ちょっと話がそれてしまいましたが

「何故?どうして?」

を追求して本質を見抜く知からを付けていきましょう。

本質を視ぬく力がつくとビジネス的にもいいことばかりです。

 

 

偏見のコレクションに埋もれていくのはやめて

本当に人生に役立つ上質な情報や知識を身につけていってください。

それではこの辺で。

※ここから先は、ネットを収益化して人生の質を上げたい方だけ読んでください。

いきなり誰だ?って思うかもなので自己紹介します。

僕は20歳の頃に起業して、大学在学中に月収100万円を達成しました。

Fラン大学の入試に2回も落ちて、何も才能がなかった僕ですが

パソコン一台で収入を得て暮らしています。ガチです。

 

「そんなわけないじゃん。どうせ詐欺みたいな怪しいことしてるんじゃない?」

と、昔の僕も同じこと思ってました。それも仕方ないです。

何故なら人は

限られた思考、限られた価値観、限られた空間、限られた視野、自分の見える範囲内でしか行動できないからです。

 

もともとはごく普通の大学生でした。

僕は学歴も資格も才能もないただのFラン大学生でした。

そんな時、運よくネットビジネスに出会ってから人生が180度変わりました。

胡散臭いネットビジネスを学んだことで思考できる範囲が広がったわけです。

ビジネスって学びさえすれば誰でも自信を得て稼ぐことが出来る世界です。

 

寝食を惜しみ、本気でビジネスに取り組んだ結果・・・

今まで学校の勉強は苦手だったんですが

ビジネスと出会ってマーケティングやライティング、心理学などを真摯に学んできました。

 

その結果、会ったこともない人を思うがままに動かせるようになったり

ブログをうまく使って月収7桁を達成できたりしました。

 

おかげで自分に自信を持つことが出来るようにもなったりしました。

正直かなり美味しい勉強でしたが、ここまで言っても信じない人は信じません。

 

気付けば成長し、自力でお金を稼げる自分がいた。

環境はなかなか変えられませんが、自分自身を変えることならできます。

僕は正しい方法で、正しい努力をすれば誰もが成長できると信じてます。

 

社畜だろうがFランだろうが関係ありません。

そんな僕が作った電子書籍の中で脱社畜してストレスフリーに生きる方法を無料公開します。

「ネットビジネスって怪しいけど、実際どうなの?」ってところをお話しています。

 

”怪しい”と思うならまず読んでみてください。

視野が広がります。もちろん無料です。

脱社畜してストレスフリーに生きる方法を無料で公開することにしました。

メールアドレスの入力ですぐに受け取れます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

もしこのブログが役に立った!と感じたら下のシェアボタンから

是非ブログのシェアをお願いします。

コチラの登録フォームからも特典の受け取りが可能です。

※メールマガジンの登録解除はいつでも可能です。Gmailでの登録をお勧めしています。

 個人情報は暗号化のもと厳重に管理されます。

ライン@でも気軽にメッセージやご質問などを受け付けてます。

友だち追加

⇒はやとの詳しいプロフィールはこちら

コメントを残す