情報商材は詐欺?不労所得はある?経験者の僕が徹底解説する。

こんにちは。はやとです。

今ふらーっとビジネス系のリサーチをしてたところなんですが、情報商材ってめちゃくちゃ詐欺扱いされてますね。

未だに。

 

なんか色んな記事読んですごくしょっぱいなーと思ったので勢いで記事を書いています。

詐欺詐欺言われすぎてもはや怒りすら覚えますね。

ま、怒ってても仕方ないので事実だけを淡々と書いていこうと思います。

 

結論から言いますと、情報商材のすべてが詐欺というわけではありません。

そして、不労所得も存在します。

 

僕は今まで情報商材を買ってきましたし、実際に不労所得も得てます。

 

じゃあなんで巷では情報商材が詐欺だとか、不労所得は嘘だとか言われてるんでしょうか。

 

僕が解説していこうと思います。

はやと
調べもせず、実際に買ってみたりもしてないのにデマみたいな情報だけで「詐欺だ」とかいうのは愚の骨頂です。

不労所得は詐欺ではない。存在します。

まず、結論からはなすと

不労所得そのものは実際に存在します。

実際に僕もほとんど働かずして収入を得ている人の一人です。

 

僕はアフィリエイトというビジネスをやってます。

アフィリエイトというのはいわゆる個人の広告屋みたいなもので

自分でサイトを運営し、そのサイトから商品が売れた自分に報酬が入るという仕組みです。

詳しく知りたい方は下の動画を見てみてください。

動画を見てもらえればわかるかと思いますが

アフィリエイトはきちんとしたビジネスです。

詐欺でもなんでもありません。

 

楽天やAmazonでさえもアフィリエイト業界に参入しています。

楽天やAmazonにある商品は全てアフィリエイト出来ます。

 

不労所得が詐欺だと言われる理由を考察してみた。

じゃあなんで不労所得が詐欺だとか言われてるのか。

それは、情報商材の影響かと考えられます。

今はほとんどないのですが、情報商材詐欺があった時代もありました。

 

アフィリエイトが始まったとされる2000年代は多くの情報商材が出回り

まだまだ規制が甘かったため詐欺商材と呼ばれるものも販売されいたようです。

その時のイメージからネットビジネスの業界にも悪いイメージがついてしまったと推測できます。

 

情報商材とは

そもそも情報商材とは、名前の通り情報そのものが商品です。

多くがPDFや音声、YouTubeの限定動画などですね。

主に稼ぐ系やエロ系、恋愛系などの情報が売られていることが多いです。

 

商品を購入したら、サイトからダウンロードしたり、購入者専用ページにログインできるようになったり

形式は様々です。

情報商材が詐欺といわれる理由

まずは情報商材が詐欺といわれる理由について解説していきます。

先ほど情報商材のすべてが詐欺というわけではないと話しました。

 

が、しかし

 

ごく一部では詐欺まがいの商材もあるようです。

僕も世の中にあるすべての情報商材を買ってきたわけではありません。

なのですべてが詐欺ではないと断言することはできませんが

 

詐欺ではない商材があることも確かです。

現に僕が買ってきたものは全て素晴らしいものばかりでした。

 

で、情報商材が詐欺といわれる理由なんですが

いくつかあげられます。

  • そもそもネットビジネス業界が知られていない
  • 情報商材のページが怪しい
  • 情報を買うっていうことが一般常識としてない
  • 不労所得なんて存在しないと思われている
  • 実践してみて稼げなかった人がいる

 

詐欺だと言われる理由まぁこの辺でしょうね。

特に、実践してみて稼げなかった人がいるってところ。

 

これがでかい気がします。

ネットビジネスで月5000円以上稼げる人は95%以上という現実

ネットビジネスで月に5000円稼げる人はネットビジネス実践者の95%以上という数字が出ています。

しかし、残りの5%の人は数百万~数億レベルで稼ぎまくってるんです。

と、いうことはですよ

 

その95%の人が全員情報商材を買ったと仮定した場合

情報商材って稼げないじゃん!!!

みたいな人が大勢出てくるのはいたって普通の現象だと思いません???

 

むしろそういう人達がわいてこない方が不思議。

(後から詳しく書きますが、稼げない人とか文句言うやつってある共通点があります。)

 

残りの5%の人が、本当にいい情報をおすすめしても残りの95%に圧倒されて詐欺扱いされてしまうんです。

コチラの記事でも言っていますが、常識=正しいじゃないですからね。

 

常識って悪魔でも多数派の意見にしかすぎません。

例えば日本では義務教育で学校行くのが普通ですが

カンボジアなどの発展途上国は学校さえまだ十分にありません。

日本では当たり前のことが一歩外に出たら非常識です。

同じ情報商材を使っても稼げる人と稼げない人がいる。故に、稼げないのは商材のせいではなく使う人のせい。

今から核心をついた、ちょっと耳の痛い話をします。

はっきりいうと、稼げないのはただの勉強不足です。

 

情報商材そのものだけがディスられガチですが、使い方が悪いとか、使う人って誰も責めないですよね。

それって勉強不足であることに誰も気が付いてないんですよ。

 

勉強不足だから稼げないし、詐欺だと思っちゃう。

 

確かに世の中にはガチで詐欺みたいな情報商材があるかもしれません。

僕はまだ外れくじを引いたことはありませんが。

 

しかし、そういったガチの詐欺商材を除いて、普通に情報商材を買って稼げない場合9割使う人に問題があります。

何故そんなことが言えるのかというと、僕も以前は稼げない側の人間だったからですね。

稼げないやつの共通点。当てはまったらいつまでも稼げないよ。

で、昔の僕を含めた稼げないやつの特徴を紹介します。

それは

 

依存マインドが強い

 

ということです。

どういうことかと言いますと、情報を買う=稼げるようになると思ってるんです。

これはスーパー勘違いです。

依存しまくりです。

 

「勉強しなくても、この情報商材を買えば明日から億万長者だ!!!」

とか思ってる人は絶対情報商材とか買わない方がいいです。

そんな人は絶対に稼げないですし、どうせ稼げなくて情報商材は詐欺だ!とか言っちゃいます。

 

まず、そもそもですが情報を知っただけで稼げるようになるなら苦労しません。

僕は野球のルールを知っていますが、イチロー選手のような素晴らしいプレーはできません。

ましてや野球なんてやったこともありません。

ずっとバスケ部でした。

 

野球のルールを知っただけでイチロー選手のようなプレーができないのは当たり前ですよね。

けど、それと同じようなことを情報商材でかます人が多いんですよね。

 

いくら素晴らしい情報を入手しても、知識として定着させ、使えるようにならなければ意味がありません。

大事なことなのでもう一度言います。

知識は使えるようにならないと意味がありません。

はやと
知識は使えて初めて意味のあるものです。使えるレベルまで落とし込むべし!

で、以前の僕はというと知識は知っていても全く使えてなかったんです。

野球のルールを知ってるから俺はイチローだ!って言ってるような状態でした。

非常に滑稽ですね。

 

で、結果がどうなったのかというとそりゃ全く稼げませんでした。

全く先が見えませんでしたね。

Fラン大学の僕でも稼げると思って、希望をもってこの業界に参入したのはいいものの

 

お先真っ暗状態。

 

作業してもしてもいつまでたっても稼げない。

ネットビジネスって本当に稼げるのかよ…

 

そんなことばかり思ってましたね。

 

が、僕は途中からコンサルティングを受けることになりました。

僕の師匠は同じ大学生で月数百万稼いで、自由な生活をし、今では会社を経営しています。

そんな師匠からネットビジネスを叩きこまれました。

 

もちろんノウハウなども教えていただきましたが、一番大きかったのは依存マインドから抜け出せたことでした。

勉強してると思い込んでいましたが、その勉強してるっていうレベルがめちゃくちゃ低かったんですよね。

そりゃ実践で使えねーわっていう感じです。

 

師匠のコンサルティングを受けながらひたすら勉強しまくりました。

バスや電車を待っているとき、歩いてるとき、寝る時にはひたすら師匠の音声を聞きました。

大学の講義中に記事を書いたり、師匠のコンテンツを見たりしました。

そして記事にかいたり、動画を撮ったりしてアウトプットしました。

 

ご飯食べながらタブレットを置いてセミナー動画を見たりしました。

毎日ひたすら勉強と実践を繰り返しました。

 

そうしていくことでやっと知識が使えるレベルまでに到達したんです。

そして師匠のコンサルティングを受けてから始めてサイトから商品が売れました。

いやー、初めて商品が売れた時ってめちゃくちゃ嬉し買ったですね。

 

本当にネットで稼げるんだって、改めて実感した瞬間でした。

結果として不労所得はあるの??

ここまで説明してきてお判りいただけたかと思いますが、不労所得は当たり前ですが存在します。

きちんとサイトを作って人が集められて、きちんと商品をセールスできればあとは自動で商品が売れていくんです。

が、最初は記事書いたりしなきゃいけないですよ。

 

不労所得ってのはあくまでも仕組みを作り終えてからの話です。

情報商材は稼げるのか?

ということでまとめに入っていこうと思いますが

結論です。

 

情報商材は”素直に学んで実践できれば”稼げます。

情報商材が悪いとかそういう次元の話ではありません。

 

同じ教科書を使っても東大に行く人もいれば、僕のようにFラン大学に行く人もいます。

要はどう学ぶか、そしてどう実践していくかですね。

 

僕のサイトやメルマガで紹介している情報商材は全て僕が実際に買って試したものなので詐欺であることは100%ありません。

 

知識さえつければ情報商材が詐欺なのかそうじゃないかぐらい簡単にわかります。

知識がないと悪者に搾取され続けます。

騙されないためにもしっかり知識を付けていきましょう。

 

既に情報商材をお持ちの方は是非依存マインドから抜け出して素直に勉強してみてください。

ビジネスの勉強法などは僕のメルマガの中で詳しく語っているので興味がある方は登録してみてくださいね。

 

ということで今回は情報商材は詐欺なのかを徹底検証してみました。

はやと
情報商材って素晴らしいものですよ。

ビジネスって「守破離」を徹底しなければならないんですが、一番初めの「守」ってのは成功者の型をパクることです。

幸運なことに今はネットビジネス実践者も増えてきて優れたノウハウが結構あります。

まずは成功者の知識を貪欲に吸収していきましょう。

自己流は死です。

P.S.

ビジネスやマーケティング、仕組み作りの詳しい内容は

メルマガでお話しています。

もしよかったら登録していただければと思います!

はやとのメルマガを無料購読すると、 ビジネスの仕組み解説付きの書籍を無料でプレゼント

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

もし「このブログが役に立った!」と感じたら下のシェアボタンから

是非ブログのシェアをお願いします。

【下記画像をクリックして無料メルマガに登録する】

コチラの登録フォームからも特典の受け取りが可能です。

※メールマガジンの登録解除はいつでも可能です。Gmailでの登録をお勧めしています。

 個人情報は暗号化のもと厳重に管理されます。

ライン@でも気軽にメッセージやご質問などを受け付けてます。

友だち追加

⇒はやとの詳しいプロフィールはこちら

コメントを残す