ついに金融庁が発表。年金以外に最低2000万円ないと将来は厳しいという報告書が出た件。

こんにちは、はやとです。

今日は最近話題になっている年金制度について言及していこうと思います。

とは言っても僕は経済の専門家ではないので

一個人事業主という観点から話していきますね。

 

結論から言うと、

やっぱり個人に力をつけて置かないと

これから先はかなりヤバい。

ということです。

 

「個人に力を付けていきましょう!」

という趣旨の内容の記事は

他のブログ記事でもメルマガでもお話していましたが

いざ金融庁から発表されると「いよいよ来たか・・・」という気持ちになりますね。

 

もう会社や国に依存してたら本当に将来人生が破綻しそうです。

だから個人に力をつけて稼ぐ力を今のうちから鍛えておいた方が吉ですね。

稼ぐスキルを身に付けて置いたら国とか会社とか気にせずに稼ぐことが出来ます。

 

スキルがあれば外的要因をそれほど受けないので

生き残れる可能性がグッと上がります。

 

僕は大学生の頃に起業してて、

今事業を初めて2年目くらいになるんですけど

それでも今回のニュースで不安になりました。

 

仮に僕は大丈夫でも僕の両親や家族が心配です。

ということで今回は年金問題と副業についてお話していきます。

金融庁が年金制度崩壊の危機だと公式に発表した。

金融庁が発表した内容が日本経済新聞社に取りあげられていたので

こちらでシェアさせていただきます。

とりあえず一度こちらを読んでみてください。

人生100年時代、2000万円が不足 金融庁が報告書 

金融庁は3日、人生100年時代を見据えた資産形成を促す報告書をまとめた。長寿化によって会社を定年退職した後の人生が延びるため、95歳まで生きるには夫婦で約2千万円の金融資産の取り崩しが必要になるとの試算を示した。公的年金制度に頼った生活設計だけでは資金不足に陥る可能性に触れ、長期・分散型の資産運用の重要性を強調した。

金融庁は、95歳まで生きるには夫婦で約2000万円の金融資産の取り崩しが必要になるとの試算を示した

金融庁は、95歳まで生きるには夫婦で約2000万円の金融資産の取り崩しが必要になるとの試算を示した

金融審議会で報告書をまとめ、高齢社会の資産形成や管理、それに対応した金融サービスのあり方などを盛り込んだ。

平均的な収入・支出の状況から年代ごとの金融資産の変化を推計。男性が65歳以上、女性が60歳以上の夫婦では、年金収入に頼った生活設計だと毎月約5万円の赤字が出るとはじいた。これから20年生きると1300万円、30年だと2千万円が不足するとした。

長寿化が進む日本では現在60歳の人の25%は95歳まで生きるとの推計もある。報告書では現役時代から長期積立型で国内外の商品に分散投資することを推奨。定年を迎えたら退職金も有効活用して老後の人生に備えるよう求めた。

引用:日本経済新聞社

という内容ですね。

日本経済新聞社さんのHPより引用させていただきました。

ちなみに金融庁が出した報告書はこちらから読めます。

 

すごくざっくりまとめると・・・

年金はあてにしないでね!

老後は自分でどうにかしないといけないよ!

最低2000万円くらいはいるからね!

しっかり今のうちに考えて行動してね!

 

という趣旨の報告書です。

これかなり恐ろしいですよね。

 

僕ははなから年金なんて当てにしておらず

自分で稼いでいくしかないとは思っていたんですが、

いざ国が正式に発表したとなるとちょっと怖く感じる面もあります。

 

国や政府、環境に文句を言っても始まらない。

で、ですね。

今回の金融庁の発表に対して

「年金がもらえない!!!どうしてだ!!!」

なんて文句を言っても仕方がない訳ですよ。

 

そりゃ僕だって年金がもらえないなら納税したお金は返して欲しいなって思います。

こっちはしっかり納税してるわけですからね。

 

ただ、現状として破綻しつつある年金制度に文句を言ったところで

現実は何も変わりません。

 

どうにもならないであろうことに対して体力や気力を使うよりも

年金がもらえないなら今後どうしていくべきか?

という部分を冷静に考えて行動する方が未来は明るいです。

 

自分で稼ぐスキルを身に付けておかないと、本気でヤバい。

そもそもですけど

何かに依存する状態ってかなり良くないと思うんです。

僕も依存の塊みたいな人間でした。

 

例えば・・・・

親に飯を作ってもらう

送り迎えしてもらう

洗濯してもらう

とかとか。

 

もちろん大人になってからは自分でも家事をするようになるんですが

初めて家事をするときって

どうしていいか全く分からんのですよ。

 

親を頼り切ってたから

いざ自分一人でやらなくちゃいけない時が来たら対応できない訳です。

 

家事以外にも車依存とかもあります。

僕は地下鉄も走ってない田舎で育ったんですけど

常に車がないと生活できませんでした。

 

だから車が壊れたとかなると

生活に支障が出まくるんですね。

 

学生の時はチャリ通だったので

チャリがぶっ壊れた時は通学の手段がなくなって苦労したこともあります。

 

このように、人は何かに依存しあって生きてるわけですよね。

ある種仕方のないことです。

 

僕も今こうしてブログ書いてますが

このブログもGoogleっていう検索エンジンに依存しています。

Googleが存在しなければ僕のブログは存在しないんです。

 

YouTuberはYouTubeに依存してますよね。

だからYouTuberがアカウントバンされたらすべての動画が消し飛び

収益もゼロになるので何度も話題になってきました。

 

僕らは常に何かに依存しているので

常にリスクヘッジを考えて行動していく必要があります。

 

学んで人生の選択肢を増やしておく。

結論から言いますと

学んで人生の選択肢を増やしておくことが

一番のリスクヘッジになります。

 

ちなみにリスクヘッジとは、起こりうるリスクの程度を予測して、

リスクに対応できる体制を取って備えることを言います。

 

例えば今会社での収入しかないのであれば

副業を始めてみるとかですね。

 

収入源が1つしかないということは

今のご時世かなりリスキーなことだと思っています。

 

既にフリーで活動してたり、個人事業やってる人は

1つの事業に囚われず、収入の分散を行っておくことが

リスクヘッジになります。

 

このブログを読んでいる人は

恐らく会社員の方がほとんどだと思いますので

「これから副業しないとまずいかも・・・」

と思っている方が多いと思います。

 

現に僕のもとに

「おすすめの副業ありますか?」

「個人で稼ぐにはどうすればいいですか?」

といった質問はかなり多く寄せられます。

 

ネットでの副業だと超低リスク。

副業を始めるにしても

何をすればいいのか分からないよー

という人も多くいるかと思います。

 

僕がお勧めするのは

ネットを使った副業ですね。

 

何でかっていったら損するリスクがちょー低い上に

コストもかからない。

にも拘わらず、稼げる額は青天井だからですね。

 

ネットでの副業ってどんなのがあるの?

で、ネットでの副業ってどんなのがあるの?

という話なんですけど

箇条書きしてみますね。

 

  • アフィリエイト
  • ブログ
  • FX
  • バイナリーオプション
  • Webライター
  • プログラマー
  • Webデザイナー

 

この辺が有名ですかね。

Webデザイナーとかプログラマーは案件によっては

自宅にいながらリモートで仕事が出来る場合もあるので

ネットの副業としてカテゴライズしてみました。

 

調べればもっとあるかもしれませんが

有名どころとか流行ってるのは今あげたものですね。

 

資産になる副業をやるべき。

で、その中でも一番おすすめしてるのが

ブログを使ったビジネスだったり、

アフィリエイトです。

 

理由は簡単で

仕事がどんどん積み重なっていくからです。

 

例えば僕は今こうしてブログを書いているわけですが

このブログ記事は一度ネット上に公開しておけば

消さない限り半永久的にアクセスを集めてくれます。

 

で、そのアクセスが僕の収入にも繋がっていきます。

例えばこれがアルバイトとかだったら

その日限りの仕事で積みあがることはないですよね。

 

僕は大学生のころ色んなアルバイトをしていましたが

学生の時やっていたアルバイトでの仕事が

今も収入を生み出してくれてくれてるか?というと違います。

 

アルバイトだと給料をもらって終了。

資産にはなりません。

 

ただ、ブログとかメルマガ、アフィリエイトとかは

やればやるだけ積みあがります。

 

その分最初はお金が稼げないっていうデメリットもありますが

長期的な目線で考えるとメリットしかありません。

 

だって今作っているブログなりメルマガなりは

今後もずーーーーっと稼ぎ続けてくれるわけですよ。

 

確かに副業でアルバイトとかやったら

目先のお金は手に入るかもしれません。

 

けどそれって実際かなり厳しくないですか?

会社行って疲れ果てて、そこから居酒屋のバイトとか。

多分僕には出来ない。

結婚とかしてたらなおさらできない。

 

若い時なら百歩譲って耐えられるかもしれませんが

50とか60になって副業でアルバイトとかしてたら

マジで倒れそうです。

 

労働集約型の収入って

自分が働き続けないと、稼げないっていうデメリットがあります。

 

ブログとかメルマガとかのストック型の収入は

自分が働かないでも、収入が生まれ続けます。

 

この先ずっと安定して収入を得たいと考えるなら

ストック型の収入が得られるように努力すべきなんですね。

 

じゃあそのストック型の収入が得られる副業って何?

ってなったときに出てくるのが

ブログだったりメルマガだったり、アフィリエイトだったりするわけです。

 

結論、学ぶしかない。

そしてブログやアフィリエイトやメルマガで稼ぎたい!

と思うのであれば勉強です。

勉強するしかないです。

 

こういう業界にいると

  • ワンクリックで〇万円!!!
  • 一日5分の作業で稼げる!!!
  • ツールを回すだけ!!!

 

みたいな詐欺っぽいのもよく目にします。

最近は減ったイメージがありますが、

それでもそういう胡散臭いことをする人がいるのも事実です。

 

まぁワンクリックで稼げるとか少し考えれば

あり得ないってことに気が付くと思います。

 

しっかり安定して稼いでいきたいなら

ちゃんと勉強すべきですよ。

楽して稼ぐなんて僕はないと思っています。

 

僕自身も今でこそブログで稼いだり

広告収入で稼いでいたりしてるので

肉体労働と比べれば楽してるという表現になるかもしれません。

 

でもですよ。

今の状態にたどり着くまでに下積みの時代もあるわけです。

ブログ記事も200記事くらい無駄にしたことありますし、

作ったサイトから全然商品が売れないこともありました。

 

けど、折れずに努力してきました。

勉強してきました。

その上に今の僕があります。

 

結局ネットを使ったビジネスなんて

正しい知識があって

後は努力すれば普通に稼げちゃったります。

 

成果でない人は、そもそも正しい知識を知らないか、やるとこまでやってないかの二択でしょう。

これってどの仕事でも一緒ですよね。

 

知識を入れる。頑張る。

うまくいく方法ってこの2つをとことんやるだけです。

 

ちょっと話が逸れてしまいましたが、

いよいよ年金制度が当てにできなくなった以上

本気で学ばないといけません。

 

これから先の時代は、今まで以上に貧富の差が開くかもしれません。

僕は割と焦ってます。

もちろん自分が成長していきたいからってのもあるんですけどね。

 

これからもガンガンビジネスの勉強をして

知識に投資して勉強してみ見たことない世界を見に行こうと思います。

まだまだ満足してないので

行けるとこまでとことん行きます。

 

大人になればなるほど学ぶ人は減るので

学ぶだけで無双できます。

一緒に無双していきましょう。

 

P.S.

動画載せときます。

麻生さんの言い方がなぁー・・・

1日3分だけ個人で稼ぐスキルを学び、自由な生活を目指す無料コミュニティを作りました。

はじめまして!「はやと」という名前でブログを書いています。

   

僕は20歳の頃に起業して、大学在学中にWebマーケティングを学び、

アフィリエイト、コンテンツ販売などで月に120万円の収益化に成功しました。

   

Webマーケティングというスキルを学んだからこそ実現することが出来ました。

インターネットの収益化は、

正しい知識さえあれば誰にでも実現可能なことです。

   

僕は学歴もなく、赤点連発で成績も悪かったんですが、

ビジネスと出会ってからは変わりました。

   

マーケティングやライティング、心理学などを真摯に学んだことで、

パソコン1台で稼ぐことが出来るようになりました。

   

実際にこういう世界があるということをまずは知ってもらい、

具体的にどう行動に移していけばいいのかを、

このブログから学んでほしいです。

   

環境はなかなか変えられませんが、

自分自身を変えることは可能です。

正しい方法で、正しい努力をすれば誰だって成長できます。

環境や学歴は関係ありません。

   

めちゃくちゃ可能性のあるインターネットの世界。

それをもっと多くの方に知ってほしいです。

   

より詳しく学びたい方、情報に触れてみたい方は、

下記フォームより登録お願いします。

もちろん無料で、今なら登録特典としてWebマーケティングで稼ぐ教科書を配布中です。

大学生が月に120万円収益化した方法を公開。

(1分以内ですぐに読めます。参加特典付き。)

心理学科からネット起業し、Webマーケを学んだはやとの理念と自己紹介


【今ならAmazonで☆5評価の書籍を無料で読めます。詳細はこちら】

>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<

メールアドレスの入力ですぐに受け取れます

コメントを残す