楽して稼ぐは悪なのか?労働者と経営者で視点が違うだけ。

こんにちは。はやとです。

 

 

今日は楽して稼ぐことって悪なの?

っていうテーマで話していきます。

 

 

この記事を読んでるあなたは経営者を目指している人だと思うんですが

経営者であるならば、自分が楽になる努力をしてください。

 

 

経営者が労働しているとそもそも仕組みが回んないんですよね。

仕組みが回らないとどうなるか

その事業や会社は売り上げを上げることが出来ません。

 

 

結果として給料が払えなくなったり、赤字になってしまいます。

経営者の仕事は労働ではなく、文字通り経営することです。

 

 

経営が成り立ってはじめて利益が出ますし

仕組み化がうまくいけば利益は何十倍にも膨れ上がります。

さらには経営者が働く時間が少なくて済みます。

 

 

労働時間が少なくなるのに売り上げは上がる。

この状態を作り出すにはとことん楽することが大事なんです。

ということで本題に入っていきます。

 

 

「楽して稼ぐということが悪だ」という考えについて

で、このテーマの答えなんですが

そもそも労働者と経営者で視点が違います。

 

労働者からすれば楽して稼ぐって悪になると思います。

しかし、経営者からすれば楽すればするほど賢いよねっていうように判断されます。

ここで思い出してみてください。

 

 

経営者の3つの仕事はなんでしたか?

僕が他の記事でも言ってるし、メルマガの中でも何回も話してるアレです。

ちょっと考えてみてください。

 

 

 

 

はい。

 

 

 

 

答えは


  • マーケティング
  • 管理
  • 給料を払う

この3つです。

 

経営者がこの3つ以外の仕事をしてはいけません。

この3つが経営者がやるべき仕事なのです。

 

そもそもマーケティングとは?

先ほど上げた経営者がすべき3つの仕事ですが

マーケティングを少しおさらいしておきます。

 

 

マーケティングとは簡単にいうと

必要とされている商品やサービスを

必要としている人に対して

必要な数だけ届ける技術です。

 

 

これがマーケティング。

 

 

例えばダイエットジムのライザップを売るなら

太っていて自力ではなかなか痩せられない人に対して

ライザップという商品をオファーするということですね。

 

 

がりがりに痩せてる人がライザップを買おうとは思わないですよね?

 

 

筋肉をつけたい!とかならまだ話は別ですが

ダイエット目的でライザップを利用することはないでしょう。

 

 

このように、きちんとターゲットを決めて、商品をオファーしていく。

このようなマーケティングを経営者は行うべきなんですね。

経営者がマーケティングをせずに労働してるとどうなるの?

で、経営者はマーケティングをすべきだといってるんですが

経営者がマーケティングをしないで労働しているとどうなるでしょうか。

 

 

先ほどのライザップの例で考えてみましょう。

 

 

例えばライザップを売ろうとしているんだけど

全く成約が出ない。

そこで経営者はセールスのトークがだめだ!

なんて思って必死にお客さんにオファーをかけます。

 

 

それでも成約は出ません。

 

 

数で勝負だ!ってことで

お金を使ってとにかく広告を打ち出します。

このように経営者が労働をしているとどうなるか。

 

 

もう分かると思いますが

赤字になりますね。

これじゃダメなんです。

 

 

経営者がすべきことはマーケティングです。

 

 

マーケティングでしっかりと売れる仕組みを作って

後は人に任せたりツールに任せるべきなんです。

 

 

商品が売れないなら、売れない理由を考えて

解決策を講じるのが経営者であり、マーケターです。

 

労働者ができないことをしないと意味がありません。

経営者は自分が楽することだけを考える。楽しないとだめ。

で、この記事のテーマにもあるように

経営者は楽しないとダメなんですよ。

利益を出すためにね。

 

 

楽することってどういうことかというと

自分以外で代替が聞くことは人やツールに任せるということです。

これめちゃくちゃ大事ですからね。

 

もう一度言っておきます。

 

 

経営者は

自分以外で代替が聞くことは人やツールに任せましょう。

人やツールに任せたら

 

 

その分時間が浮きますよね?

その時間でマーケティングするんです。

 

 

例えばネットビジネスで言うと

記事を書くことや

Twitterのつぶやき作る

フォローやフォロワーを増やす

動画を作る

これら全て自動化できます。

 

 

自分でやる必要はどこにもありません。

むしろ自分でやってるとマーケティングする時間がなくなります。

 

だけど、人やツールに任せることで時間は増やせます。

 

 

今もしもアフィリエイトやってて記事書くのがだるいとか

フォロワー増やすのがダルと思ってるならば人に任せればいいです。

 

 

記事書くことももちろん大事なんですが、

まずはマーケティングです。

あ、ちなみにコピーライティングってのはマーケティングの一部です。

 

 

そこも含めてまずマーケティングしましょうってことです。

ということで今回は

経営者は、他の人で代替が聞く仕事は極力人やツールに任せて

マーケティングしましょうよっていう話でした。

 

どんどん人やツールに任せて楽しましょう。

 

関連記事です。

【特典付き】ビジネスやるなら外注化しかない!僕のおおすすめ商材「脱獄」レビュー

これは僕がおすすめしてる外注化の教材です。

ネットビジネスでの外注化ならこれをもっとけば無敵です。

僕から買ってくれた人には特典と企画を付けてるのでよかったら買ってください。

ちなみに企画はメルマガ読者限定になってます。

 

ビジネスやるならフリーターとニートは最強じゃね?

今回時間の使い方について話しましたが

この記事でも時間の重要性が分かります。

利益を出すためだけに時間を使っていきましょう。

 

PS.

今回は人に任せるとか仕組み化とかマーケティングについて話してみましたが

メルマガではもっと濃い話をしてます。

ちなみに仕組み化に関してはメルマガの中で無料の動画も配ってます。

その動画はそのうち配信を辞める予定なので

今のうちにもらっておいた方がよいですよ。

ネットビジネスって怪しいの…?どんなもんなの?

僕は20歳の頃に起業して、大学在学中に月収100万円を達成しました。

Fラン大学の入試に2回も落ちて、何も才能がなかった僕ですが

パソコン一台で収入を得ています。

 

「そんなわけないじゃん。どうせ詐欺みたいな怪しいことしてるんじゃない?」

と、昔の僕なら思うかもしれません。

しかし、これは紛れもない事実です。

 

僕は学歴も資格も才能もないただのFラン大学生でした。

そんな時、運よくネットビジネスに出会ってから人生が180度変わりました。

今では自分一人で事業を回し、

人に教えることも増えて感謝のメールまで届くようになりました。

 

ビジネスはきちんと学びさえすれば誰でも自信を得て稼ぐことが出来る世界です。

今まで学校の勉強は苦手だったんですが

ビジネスと出会ってマーケティングやライティングなどを真摯に学んできました。

 

おかげで自分に自信を持つことができるようになりましたし

ビジネスを始めてから目標にしていた月収100万円も達成することができました。

 

環境はなかなか変えられませんが、自分自身を変えることならできます。

僕は正しい方法で、正しい努力をすれば誰もが成長できると信じてます。

そんな僕が作った電子書籍を無料公開しています。

 

「ネットビジネスって怪しいけど、実際どうなの?」ってところをお話しています。

良かったら受け取ってください。

電子書籍「成功への道標」を無料で読んでみる。

メールアドレスの入力ですぐに受け取れます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

もしこのブログが役に立った!と感じたら下のシェアボタンから

是非ブログのシェアをお願いします。

コチラの登録フォームからも特典の受け取りが可能です。

※メールマガジンの登録解除はいつでも可能です。Gmailでの登録をお勧めしています。

 個人情報は暗号化のもと厳重に管理されます。

ライン@でも気軽にメッセージやご質問などを受け付けてます。

友だち追加

⇒はやとの詳しいプロフィールはこちら

コメントを残す