国語が赤点だった僕が東大生にメルマガ面白いと言われた話。

こんにちは、はやとです。

 

 

今日はちょっと嬉しかったことがあったのでシェアしていこうと思います。

タイトルにもありますように、東大生の方からメルマガの返信をいただきました!

しかも、かなり面白いし読みやすかったと好評でした。 

 

もっというと、「私もはやとさんのような文章が書けるようになりたいです」

とまで言っていただけました!

 

いやー、シンプルに嬉しかったですよ!感謝!

僕も今までライティングは鍛えて来たので、同業者の中でも結構いい線いってるんじゃないかとは思ってたんですが

まさか東大生に褒められると思ってませんでした笑

 

けど、これからもさらに面白いメルマガ書けるように頑張りたいと思います!

そんな小さな成功体験ですが、やっぱり練習すれば誰でも面白い文章かけるようになるんだなーと

改めて思いました。

 

高校時代の国語の点数は赤点でした。

今でこそこうやって文章を書いたり、人に文章の書き方を教えたり、コンサルするようなお仕事をやらせてもらってますが

僕は高校時代、国語の点数が毎回赤点だったのをはっきり覚えています。

詳しくは僕の著書にもかいているんですけど

勉強せずにギターばっかり弾いていました。

 

おかげで、「はやと君は国語の才能ないよね」って先生にまでバッサリ切られたことがありました。

現代国語や古文、漢文。

どれもこれも分かりませんでした。

 

古文や漢文に関してはほとんど点数を取ったことがないかもしれません。

いつも読めないからノリで回答していく感じでした。

現代国語はまだ読めるんですが、やっぱり読解力が著しく低かったせいか

思ったように点数を取ることができませんでした。

 

 

ネットビジネスに出会ってからも文章を避けていた。

そんな僕ですが、ネットビジネスに出会ってからも文章を書くことを避けていました。

僕は初心者時代から外注化を駆使してサイトを作っていたのですが

その理由として、「自分で記事を書きたくないから」というのが多きかったです。

 

 

やっぱり文章を書くのにすごい苦手意識がありました。

だから自分で書くよりも人に書いてもらったほうがいいなって思ってました。

 

 

が・・・

 

そんなうまくいくもなく、外注だけでアフィリエイトのサイトを作っていくのが結構難しかったです。

というのも、外注さんから上がってきた記事を僕が添削する必要があります。

けど僕は、外注さんの記事を添削できなかった。

 

それは何故か?

 

「ライティングの勉強をしていないから」です。

自分がライティングの勉強をしていないので、人に教えれる訳がありません。

 

外注さんから上がってきた記事を見て

「あ~~~…なんか、こう、違うんだよなぁ~…」

なんて思うことはあっても言語化して相手に伝えることができませんでした。

 

だから結局納得のいかない記事をそのままサイトに投稿していました。

そりゃー稼げるわけないよねって話だよ笑

 

 

本気でライティングを鍛えることにした。

そんな僕ですが、ネットでご飯を食べていこうと思っていたので

本格的にライティングを鍛えることにしました。

 

まずは教材から文章の型を学んだりして

僕のビジネスの師匠のライティング添削チームで毎日のように人の記事を添削したり

500文字すら書けない僕が毎日無理やり2000字以上の記事を提出してたりしました。

 

正直めちゃくちゃきつかったです。

今までろくに文章を書いてこなかったのに

いきなり2000字以上の記事を毎日ですからね笑

 

いやー、あの時は本当にきつかった。

 

けど!!!

やっておいてよかった。本当によかった。

 

そこでライティングを鍛えておいたからこそ

外注さんにもライティング指導できるようになったし

メルマガ読者さんもどんどん増えていきましたし

今回のように東大生から面白いって言われるようになりました。

 

国語が赤点だった僕が文章を書くことを仕事にしてるわけですからね。

あ、一応説明しておくと僕の仕事は一応webマーケティングなんですけど

ネットを使って物を売っていく時って文章が書けるのが前提です。

 

集客から販売まで文章や言葉って必須になってきます。

僕はYouTubeとかもやってるんですけど

YouTubeでもライティングの型を軸にした喋り方をしています。

 

よかったら僕のYouTubeも研究してみてください。

はやとのYouTubeはこちら

 

ネットビジネスに必要なスキルって決して特別なものではありません。

きちんと練習すれば誰でも出来るようになることです。

だからビジネスに学歴は必要ないって本当。

 

僕は東大生の型に偏差値的には負けてますけど

ライティング力など、ビジネススキルは僕の方が上です。

 

単純に今までビジネスやってきたから、やってない人に比べてうまいのは当たり前です。

逆にいえば東大生の人は僕がギターを弾いている合間に勉強しまくったから

東大にはいることが出来ています。

 

 

結局のところやるかやらないかって感じです。

まぁビジネスや勉強に限らず、趣味やスポーツなどなんでもそうです。

やればできるし、やらんならできん笑

 

僕はビジネスとかライティング鍛えてきてよかったです。

一緒使えるスキルですし、ネットビジネスではライティングが出来れば半分成功したようなものですからね。

今までライティングやってこなかったのがむしろ損してたなーと思います。

 

ということで今回は、国語が赤点だった僕のメルマガが東大生の型に褒められたよー

って話をしてみました。

 

P.S.

ライティングを本気で鍛えたい方にこんなサービスも準備してますよ。

ライティング鍛えたい方は是非

ライティング・コンサルティングサービス

ネットビジネスって怪しいの…?どんなもんなの?

僕は20歳の頃に起業して、大学在学中に月収100万円を達成しました。

Fラン大学の入試に2回も落ちて、何も才能がなかった僕ですが

パソコン一台で収入を得ています。

 

「そんなわけないじゃん。どうせ詐欺みたいな怪しいことしてるんじゃない?」

と、昔の僕なら思うかもしれません。

しかし、これは紛れもない事実です。

 

僕は学歴も資格も才能もないただのFラン大学生でした。

そんな時、運よくネットビジネスに出会ってから人生が180度変わりました。

今では自分一人で事業を回し、

人に教えることも増えて感謝のメールまで届くようになりました。

 

ビジネスはきちんと学びさえすれば誰でも自信を得て稼ぐことが出来る世界です。

今まで学校の勉強は苦手だったんですが

ビジネスと出会ってマーケティングやライティングなどを真摯に学んできました。

 

おかげで自分に自信を持つことができるようになりましたし

ビジネスを始めてから目標にしていた月収100万円も達成することができました。

 

環境はなかなか変えられませんが、自分自身を変えることならできます。

僕は正しい方法で、正しい努力をすれば誰もが成長できると信じてます。

そんな僕が作った電子書籍を無料公開しています。

 

「ネットビジネスって怪しいけど、実際どうなの?」ってところをお話しています。

良かったら受け取ってください。

電子書籍「成功への道標」を無料で読んでみる。

メールアドレスの入力ですぐに受け取れます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

もしこのブログが役に立った!と感じたら下のシェアボタンから

是非ブログのシェアをお願いします。

コチラの登録フォームからも特典の受け取りが可能です。

※メールマガジンの登録解除はいつでも可能です。Gmailでの登録をお勧めしています。

 個人情報は暗号化のもと厳重に管理されます。

ライン@でも気軽にメッセージやご質問などを受け付けてます。

友だち追加

⇒はやとの詳しいプロフィールはこちら

コメントを残す