Twitterを頑張る人達へ。稼げない壁を超える本質を教えます。

こんにちは、はやとです。

最近Twitterで中学生インフルエンサーがめきめきと力をつけていて

個人的に今Twitterがアツいです。

 

ありがたいことに僕もそんな中学生インフルエンサーの中心メンバーである

キメラゴン(@kimeragon01)君や

宇海ちなつ(@UkaiChinatsu)ちゃんと初期の頃から絡ませていただくことが出来ました。

 

中学生がネットで稼ぐ時代です。

高校生がバイト禁止だからとネットで稼ぐ方法を探す時代です。

賢い。

 

僕がビジネスを初めた時はそんなことする中学生なんていませんでしたが

今超絶に時代が進んでるなと感じます。

 

で、前置きが長くなりましたが

今回はTwitterを頑張っている人に向けて、

稼げない時の壁を超える方法を教えていこうと思います。

 

Twitterだけを頑張ってても、そのうち限界が訪れます。

この記事を読んでもらえれば

なぜ限界が来るのか?限界を超えるためにはどうするのか?

というところが分かるかと思います。

 

まずTwitterだけでは限界があるということを知るべき。

Twitterを頑張っている人にいきなりこんなことを言うのもあれですけど、

Twitterだけやっててもそのうち限界が訪れます。

 

この記事を読んでいる人はビジネスとしてTwitterをしている人が大半だと思いますが、

ネットでビジネスをする以上、メディアを体系的に理解して運営していく必要があります。

 

わかりやすく言うと、

マネタイズしやすいメディアもあれば、そうじゃないメディアがある。

集客しやすいメディアがあれば、そうではないメディアもある。

ということです。

 

Twitterの特性と本質を理解する。

Twitterの特性は何といっても拡散力です。

冒頭で紹介した中学生インフルエンサーが爆発的にフォロワーを増やしているのも

SNSの拡散力があるからこそなんです。

 

そんなの知ってるわ~~

って感じの人がほとんどかと思うんですけど、

実際にTwitterを見ていると「マネタイズできてなさそうだなこの人・・・」

というようなアカウントが大量に見つかります。

 

TwitterなどのSNSの本質は認知されること。

で、TwitterとかSNSの本質って何かというと

認知されることです。

これ、まじで覚えてて下さい。

 

Twitterはあくまでも認知されるためのツールです。

noteでマネタイズしている人もいますが、

ぶっちゃけnoteとTwitterだけで月収100万円とか目指すのは厳しいです。

 

もちろん、ブロガーで有名な、イケハヤさんレベルのガチインフルエンサーになれば話は別ですが

あのレベルまで行くのは結構大変です。

 

Twitterとマネタイズ(収益化)は別物と考えるべき。

ここでまた大事な視点を話します。

Twitterとマネタイズは別物だと考えてください。

 

なぜなら、さっきも書いたように

Twitterは認知を広めるのに特化したメディアであり、

マネタイズに特化したメディアではないからです。

 

もちろん、Twitterでもマネタイズはできますよ。

それで稼いでいる人もいます。

Twitter初心者やビジネス初心者からしたら一見すごそうに見えます。

 

ただ、そう思うのはTwitter”しか”見ていないからです。

 

現に僕もTwitterもやっていますし、こうしてブログもやってますし、

メルマガもやってますし、YouTubeもやってますし、インスタやってますし

Facebookもやってるし、はやとっていう名前以外にも別名でメディア運営とかしてます。

 

で、これは僕に限ったことではなく、

他のインフルエンサーの人も同じです。

 

Twitterでインフルエンサー的なことをしている人も

裏ではブログやってたり、Twitterとは違う部分でマネタイズしているわけです。

 

僕はTwitterを”やりすぎない”ようにしている。

で、僕も色んな部分でマネタイズしているわけですが

Twitterとかブログ等をやりすぎないようにしています。

なぜなら、ユーザーに見て欲しいメディアを明確化するためです。

 

もちろん、理想は僕の運営するメディアを全て追いかけてもらうことです。

ですがあくまでもそれは理想だし時間もかかる。

 

僕らマーケターは効率よくマネタイズしていかなきゃいかんのです。

ビジネスでやっている以上、目的はマネタイズですよね。

 

見る人は沢山いてくれるのに、

マネタイズできないって嫌じゃないですか。

 

そういうことです。

Twitterはめちゃくちゃエンゲージメントあるのにお金にはならない。

これってめちゃくちゃ本末転倒。

 

売って初めて意味があるわけです。

だからこそそこにたどり着くまでの導線を意識すべきだし

メディアの使い方も分けるべきなんです。

 

初期にTwitterを頑張るのはアリだけど、戦略を立てないと先がない。

初期段階でTwitterをやるのはおすすめです。

マーケット感覚も身につくし、情報交換にもなるし、影響力もつく。

ワンちゃんスポンサーさんが付く場合もある。

 

最初はそれでいいんだけど、

あくまでも長期的な目線でマーケティングをしていかないと

そのうち壁にぶつかります。

 

あくまでもTwitterは練習というか、ツールですよ。

Twitter界隈見てると全然仕組み化出来てない人多すぎです。

 

「成功するためにはTwitterで有名な人に絡もう!!」

みたいなのが目につくんですけど、

いやいやいやいや、優先順位間違いすぎでしょって思います。

 

Twitterでキラキラしてるインフルエンサーってなんか凄そうに見えるし、

そういう人はちょっと影響力出たらそれを人に教えたくなるんで

マーケティング的にミスってても勘違いして情報発信し続けます。

 

だからTwitterだけしかやってない人の情報はしっかり吟味した方がいいですよ。

Twitterはマーケティングの一部。

全体像を把握した上でマーケティングをかましていってください。

 

大事なのはTwitterで影響力を付けてキラキラすることじゃないです。

仕組み化していくことです。スキルを付けていくことです。

 

Twitterやってて壁にぶち当たったら?

で、Twitterをやってて壁にぶち当たったらべきかなんですが

Twitter以外のことをやればいいです。

 

例えば最初こそ目立って一気にフォロワーが増えても、

後から落ち着いてくることはあります。

 

そんなときはいちいちTwitterのフォロワー数が伸びないからとかで

うだうだせずに、仕組みを作りましょう。

 

で、その仕組みづくりをTwitter上でコンテンツ化すれば

Twitterも運営できるし、アウトプットにもなるし

商品のプロモーションにもつながるし一石何鳥もの効果があります。

 

  1. Twitterが伸び悩む
  2. Twitterという戦場以外での仕組みづくりをする
  3. 仕組みづくりの様子をTwitterでアウトプット
  4. Twitterでリサーチしつつ、仕組みに反映
  5. Twitterと仕組みで導線をつなぐ
  6. ファン化、マネタイズ

 

これやってればまず壁にぶつかることはないかと思います。

Twitter最近伸びねえなぁ・・・

って思って消耗してる方がいたら是非実践してください。

 

Twitterはやりすぎ注意

Twitterは承認欲求も満たされるし、

やってる感あるからどっぷりハマる人もいますが

やりすぎには注意です。

 

実際僕もTwitterで有名なインフルエンサーのTwitter以外のメディアを見たりしたことありますが、

マーケティング的に「うーん・・・」という感じでした。

Twitterでは凄いけどその他はそうでもないんだなって。

 

結局生き残るためにはゼネラリストになる必要があります。

Twitterだけできてもいかんのです。

そのうち飽和します。

 

僕はビジネスを始めて結構色んなスキルが身につきました。

ライティングも出来るし、SEOも分かるし、

SNSの運営も分かるし、リストマーケも分かるし、心理学分かるし

Webマーケティング全体が一定ライン以上は出来るんですよ。

 

もちろん最初は何もできなかったんですけど

地道にやってきて今があります。

だから人に教えられることも多くなったし、壁にぶつかることも特になくなりました。

そして、今でもどん欲に色んなものを勉強し続けています。

 

だからこそ言えるんですけど、

勝つためにはTwitterだけに拘らずWebマーケティング全体を学んでいくべきです。

実際数年前はTwitterのノウハウとかをコンサルして稼いでいた人も、

中学生インフルエンサーの台頭で、だいぶ立場が危ういんじゃないでしょうかね。

 

僕は、知識武装して逃げ道を作っておく。

常にリスクヘッジの意識で貪欲に勉強していきます。

 

どんどん勉強して強くなりたいですからね。

これからもガシガシやっていきます!

1日3分だけ個人で稼ぐスキルを学び、自由な生活を目指す無料コミュニティを作りました。

はじめまして!「はやと」という名前でブログを書いています。

   

僕は20歳の頃に起業して、大学在学中にWebマーケティングを学び、

アフィリエイト、コンテンツ販売などで月に120万円の収益化に成功しました。

   

Webマーケティングというスキルを学んだからこそ実現することが出来ました。

インターネットの収益化は、

正しい知識さえあれば誰にでも実現可能なことです。

   

僕は学歴もなく、赤点連発で成績も悪かったんですが、

ビジネスと出会ってからは変わりました。

   

マーケティングやライティング、心理学などを真摯に学んだことで、

パソコン1台で稼ぐことが出来るようになりました。

   

実際にこういう世界があるということをまずは知ってもらい、

具体的にどう行動に移していけばいいのかを、

このブログから学んでほしいです。

   

環境はなかなか変えられませんが、

自分自身を変えることは可能です。

正しい方法で、正しい努力をすれば誰だって成長できます。

環境や学歴は関係ありません。

   

めちゃくちゃ可能性のあるインターネットの世界。

それをもっと多くの方に知ってほしいです。

   

より詳しく学びたい方、情報に触れてみたい方は、

下記フォームより登録お願いします。

もちろん無料で、今なら登録特典としてWebマーケティングで稼ぐ教科書を配布中です。

凡人から人生逆転した方法はこちらで。

(1分以内ですぐに読めます。参加特典付き。)

心理学科からネット起業し、Webマーケを学んだはやとの理念と自己紹介


【今ならAmazonで☆5評価の書籍を無料で読めます。詳細はこちら】

>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<

メールアドレスの入力ですぐに受け取れます

コメントを残す