YouTuberカジサックこと梶原さんが強い理由。弱さを認める大切さについて

はやと無料コミュニティ始動!
年収500万円以下の方向け。会社に依存せずに稼ぐスキルを身に付ける資料を無料で受け取れます。※公開後Twitterで80RT以上拡散されました。

はやと公式コミュニティ始動!新教材を今限定で無料配布中!無料で受け取るならこちら

こんにちは!はやとです。

 

今回はYouTuber梶原さんから学んだことについてお話していこうと思います。一応今回はYouTuberという肩書きで紹介しますが、梶原さんとは、人気お笑いコンビキングコングの梶原さんですね。

 

はねるのトびらとかで活躍してましたが、いろいろあって干されたみたいな芸人さんです。そんな梶原さんですがちょっと前にYouTuber「カジサック」として活動を始められました。

 

あっという間にChannel登録者を増やし、もうすぐで60万人を突破する勢いです。今日はそんなカジサックこと梶原さんから学ぶマインドについてお話していきます。

 

YouTuber「カジサック」から学ぶ”認める”ことの大切さ

まず参考までにカジサックさんのYouTube動画を貼っときます。こちら。

上の動画は200万再生超えてますね。

 

カジサックさんの他の動画も見ていただきたいんですが、有名ユーチューバーさんや、芸能人とコラボしまくって、着実にその人気とChannel登録者を増やし続けています。

 

で、カジサックさんの何がすごいのかって言うと負けを認めているところなんです。負けを認めているからすごい勢いで成長しています。

 

”芸能人”ではなく、あくまでも”新人YouTuber”というスタンス

とは言ってもよくわからないので具体的に説明していきます。そもそも世間的なイメージとして、「テレビで人気になったら成功」というようなイメージがありますよね。

 

それこそ梶原さんなんて一時期超引っ張りだこで売れっ子芸人だったわけですから、それなりのプライドや自信もあるはずなんです。

 

テレビに出ていている売れっ子のタレントや芸能人からすると「YouTuberは素人同然」なわけです。

テレビ>YouTubeっていう構図はありますよね。

 

テレビに出ているタレントさんや芸能人もYouTuberを見下してる感は否めません。が、冷静に考えてみるとそうでもないわけですよ。

 

企画力、構成力、編集力はYouTuberの方がスキルが高い。

芸能人とYouTuberのスキルを比べた時に、芸能人は作られた企画の上で、台本通りに演じる演者です。どんなテレビ番組にも必ず脚本があります。

 

その脚本に従ってテレビ番組ってものが作られて行きます。脚本は脚本のプロが書きますし、撮影はカメラのプロがやりますし、編集は編集のプロがやります。つまり、テレビの世界は分業制なのです。

 

演者である芸能人は脚本や撮影、編集のプロではありません。あくまで演者なんですね。演者に特化しているぶん、YouTuberに比べて、リアクションが上手かったり、語彙が豊富であったり、芸達者である場合が多いです。

 

対してYouTuberはどうでしょうか。企画、脚本、撮影、編集、演者。これら全部をしますよね。YouTubeっていうプラットフォームの中で売れていくには、これらすべての要素が必要になります。

 

どれだけ可愛くても、芸達者でも編集が見辛かったりするとファンもつかないでしょう。YouTubeの世界では、普段から企画、脚本、撮影、編集、演者をこなしているYouTuberの方が、芸能人よりも総合的なスキルが高いのです。

 

逆に編集命のYouTuberがテレビに出ると演者としての実力が顕著に出ちゃいますね。テレビの世界だと芸能人の方が能力が高いのは言うまでもありません。

 

たまに編集を外注してるYouTuberもいますが、大体のYouTuberは全てを1人、もしくはグループでこなします。全員がそれぞれのプロなのです。

 

YouTuber「カジサック」が伸びた理由は負けを認めたから。

今まではなしてきたことを前提にカジサックさんを考察してみましょう。カジサックさんはYouTube会に参入して以来、芸能界で売れていたというプライドを捨て、常に下手に出て、有名YouTuberとコラボしてきました。

 

これが成功の要因です。芸能人プライドを捨てるってなかなか出来ないですよ。これマジですごいです。なかなか出来ることじゃないです。すごいかっこいいなって思います。

 

超人気芸能人だったのに、YouTuberに対して偉そうにせず、真摯に向き合って学ぶ姿勢。これができるからカジサックさんは伸びるのです。

 

「自分はYouTubeの世界では素人なんだ」って認めているからこそできる行動です。これができてなかったら絶対に成功してないし人気も出てない訳ですよ。間違いないです。

 

なんでここまで言えるかと言うと、変なプライドがあるやつは成長できないからです。

 

高校時代、学校サボってる友達にテストの点数負けた。

僕も変なプライドを発動してた時期があります。それが高校3年の頃です。僕は意識高い系だったんで、大学入試もあり、しっかり勉強するために、ずっと一番前の席を陣取っていました。

 

高校3年生の間はずっと一番前の席でしたね。僕は一番前の席に座って勉強しているつもりになっていました。が、ある日事件が起きます。

 

クラスに一人はいるであろう、やんちゃで学校をよくサボるクラスメイトがいたんですが、そいつにテストの点数で負けました。

 

「え、、、なんでこいつ学校サボってるのに俺より点数いいの・・?。嘘だろ。俺は、一番前で授業を聞いてるのに・・・・そんなことあるわけない。。。くそーー、、、、!!」

 

みたいな感じ。だって僕は毎日先生の目の前で授業を受けているのに、学校をさぼっているクラスメイトに、テストの点数が及ばないんです。もはや意味不明で自分が情けなくなりました。

 

本来であればその友達に「どうやって勉強したの?」ってことを聞くべきでした。

 

・・・が。

 

一番前で毎日授業を受けてるっていうプライドがある僕は、学校サボってる友達に勉強法を聞くことができませんでした。

 

その結果僕は学校をサボっていた友達より偏差値の低い大学に進学することになりました。プライド拗らせまくった結果、受験戦争で負けました。

 

今冷静に考えると、当時僕は勉強のやり方を全然わかっていませんでした。学校サボってる友達とインプットとアウトプットの質に差があった。

 

学校サボってる友達は、僕よりも効率がいい方法で学習をしていたから成績がよかったんです。プライドが高い僕は当時そんなことにすら気がつけませんでした。いやーーしょーもないっすね。

プライドを捨てて負けを認めた方が圧倒的に成長は早いです。

 

大学に進学してプライドを捨てた。燃やした。灰にした。

大学に進学してからの僕は生まれ変わりました。僕の友達が、僕よりも高学歴っていう事実がありましたので、プライドもくそもない訳です。

 

偏差値という面では負け確定なわけですから、いい訳しかできないわけです。だから素直に負けを認めました。

 

負けを認めてからかなり成長しましたね。「学歴で勝てないから自分に何かスキルを付けよう。」「自分より高学歴の人の年収を超えてやろう。」そう思ってビジネスを必死に頑張りました。

同時期に起業した仲間(年下)に実力で追い越されることもあったりしましたが、素直に頭を下げて勉強してきました。

 

年齢性別関係なく、人から学べる部分は絶対にありますから、素直に勉強させていただく。そういうマインドがかなり重要です。

 

実際僕もそれで伸びました。数字で言うと年収も上がりましたし、ビジネスがかなり好調になりました。素直に勉強できるようになったので、すぐにスキルアップできるようになりました。

 

生きてるだけで学びの宝庫です。

 

先輩からも後輩からも学びまくります。コンサル生からも学びます。人に教える職業やってる人達って調子に乗りがちな傾向ありますがそれはアカンですよ。

 

人に教える立場ならなおさら学ぶ姿勢が大事です。僕もコンサル業やってますが、超学びます。教え子に普通に聴いたりします。

 

おかげでどんどん成長します。もしもプライドを拗らせてたらここまで成長できなかったでしょうし、今頃普通に就活してたかもしれません。

 

いやー、恐ろしや。高校の頃の二の舞いになることだけは避けたいですね。勉強したら人生勝ちですよ~

 

ということで初心を忘れずガンガン勉強していきたいと思います。ということで今回はYouTuber「カジサック」さんが強い理由と、素直に学ぶことの重要性について話してみました。

なぜ年収が上がらないのか?会社に行かずに年収1000万円以上を自動化する現実的な方法

この度、Webマーケティングのスキルを学び、人生逆転するためのコミュニティを作りました。

参加者には今限定で、ネットで稼ぐ仕組みを解説した新しい教材を無料でプレゼントしたり、その他ブログ、SNS、メルマガで稼ぐ手法など、Webを使った収益化の話をメインに、心理学の話やキャリアの話を物語形式で配信してます。

「年収を上げたい!」という方は下の記事を読んでみてください。

【無料】はやと公式コミュニティでTwitterで公開後に80RT以上拡散された新教材と書籍が限定でダウンロードできます。詳細はこちら。

【人気の記事▼】

【口コミ】無料noteを公開!アフィリで250万円売り上げ、広告費ゼロで2572人以上の見込み客を集客する軌跡

【体験談】当サイト運営者「はやと」の自己紹介 。熊本地震に被災した過去と心理学科から起業した理由

コメントを残す