熊本地震の後にボランティアとして参加した小学校に行ってきた。

はやと無料コミュニティ始動!
年収500万円以下の方向け。会社に依存せずに稼ぐスキルを身に付ける資料を無料で受け取れます。※公開後Twitterで80RT以上拡散されました。

はやと公式コミュニティ始動!新教材を今限定で無料配布中!無料で受け取るならこちら

どうもこんにちは。はやとです。

 

今日は熊本地震の時にボランティアに行っていた小学校がバザーをするということで、今回呼ばれて行ってきました。

色々と考えるものはありましたね。

 

あ、そういえば僕は熊本生まれの熊本に住んでいます。

熊本地震が発生してからのまとめの記事は現在製作中ですので出来上がったらそのうち公開しますね!

 

熊本地震の直後、避難所となった小学校

熊本地震が発生して、僕も最初は車中泊の生活を強いられる日々が続いていました。

 

水も食べ物もなく、風呂にもはいれず、トイレにも満足に行けないそんな状況でしたね。

 

少しづつ物資が届きはじめて、生活できるかな~ってなったぐらいの時に大学がボランティアを集っていたので僕はそこにいってボランティアをしていました。

 

炊き出しなどでご飯が食べれるからってのも大きかったですが、やっぱ若い人間が動くべきだと思ったし、家にいてもすることがなかったのでですね。

 

そして僕は学生のメンバーで小学校にボランティアに行きました。

 

その小学校は避難所に指定されていて沢山の避難者がいました。

 

多いときで500人くらいの人が体育館や校舎で寝泊まりしていましたね。

 

そこで僕たちは避難されている人にご飯を作ったり、物資の整理をしたりいろんなことをしていました。

 

詳しくはまたレポートに書きますが、壮絶なものでしたね。

 

当時僕が見ていた光景は極限状態の避難所でした。

 

そこに「小学校」の姿はなかったですね。

 

 

 

で、今日震災後久々に学校に行ってきて、意見交換などをしてきたのですが。

 

そこは完全に小学校になってました。

 

グランドでは子どもたちが元気に遊び、校舎にも物資はなく廊下があり、本当の姿がそこにはありました。

 

それがもう本当に嬉しかったですね。

 

 

ボランティアのときに仲良くなった子どもたちも元気に遊んでしました。

 

僕達のことを覚えてくれていましたね。

 

 

改めて意見交換して思ったこと

ボランティアに参加した学生と教職員、PTAの方々で当時の避難所生活について振り返りました。

 

まずこういう意見交換の場を設けることは非常に大事だと思いましたね。

 

僕もそうですけど一人ひとりがそれぞれの目線で一つのこと考えるってのはまじでいいです。

 

とくにこういう経験というのは風化させてはいけないと思うんです。

 

僕も東日本大震災があったときは心の何処かで他人事のように思っている所がありましたが、実際に被災すれば痛いほどわかります。

 

 

これは早いうちに熊本地震に被災してのレポートを公開したいですね。

 

こうやって情報発信していくだけでも変わるのかなって思います。

 

僕もまだまだ情報発信しはじめて間もないですけど、熊本地震のことは全国に広めていきたいと思っています。

 

新聞やテレビで語られない、被災者兼ボランティアとしての経験をこれからも発信していこうともいます。

 

 

それでは今日はこの辺で

 

はやとでした!

なぜ年収が上がらないのか?会社に行かずに1年で年収を400万円あげる方法

この度、Webマーケティングのスキルを学び、会社員がまずは月5万円を稼ぐためのコミュニティを作りました!

参加者には今限定で、ネットで稼ぐ仕組みを解説した新しい教材を無料でプレゼントしたり、その他ブログ、SNS、メルマガで稼ぐ手法など、Webを使った収益化の話をメインに、心理学の話やキャリアの話を物語形式で配信してます。

「年収を上げたい!」という方は下の記事を読んでみてください。

【無料】はやと公式コミュニティでTwitterで公開後に80RT以上拡散された新教材と書籍が限定でダウンロードできます。詳細はこちら。

【人気の記事▼】

【口コミ】無料noteを公開!アフィリで250万円売り上げ、広告費ゼロで2572人以上の見込み客を集客する軌跡

【体験談】当サイト運営者「はやと」の自己紹介 。熊本地震に被災した過去と心理学科から起業した理由

コメントを残す