スピード命!やれば意外となんでも直ぐ終わる説。

どうもこんにちは!

今日は学校休みでしたので昼まで爆睡していましたはやとでございます。

というわけでこんな時間ですが久々のブログ更新したいと思います。

昼から今まで何やってたんかいって感じですがちゃんと経営者としても仕事してましたよ笑

 

最近新しい事業を回し始めたのでそのためのライターさんの募集をかけたり、サイトの構築したり

 

今でこそ少しづつ慣れましたが、ビジネス始めるまでってなんでもやるのがおっくうなんですよね。

 

だってわからないことばっかりだし、知らないことばかりだし、うまくいくかわからないですし。

 

これっていうのは圧倒的初心者思考なのですよね。

 

人は知らないことは怖いですからね。これは人の心理として仕方ないのですが。

 

じゃあどうやって初心者を脱するかってなるんですが

 

「動く」

 

コレだけなんですね。いやコレができるからすごいと思うんですが。

 

最初は誰でもめっちゃきついんですよまじで。

 

僕も起業するまではほんとに自分でできるのかとか、色々考えて全然行動しないわけですよね。

 

けど、いざやってみるとできるじゃん!!!

 

みたいなことってあります。てかそれ世の中のほとんどなんじゃないかと。

 

この動くってのは前の記事でも書いたことあるような気がしますがやっぱ大事なことなんですよ。

 

そしてスピード

 

これも大事ですよ。

 

動くスピードが早いとすごい成長するのも早いと思うんですよ僕は。

 

失敗するのも成功に近づくためですからね。

 

失敗したらそれを改善すればいいわけですし。その経験するスピードが早いとどんどん先にすすめるんじゃないかなって思ってます。

 

 

スピード意識するには時間の意識を変えることも大事です。

 

おそらく何も考えてない人は、「出かけるまであと5分あるな~」とかおもって5分無駄にすることが殆どです。

 

その5分が1日の中で10回あれば50分、約1時間も無駄にしているんです。

 

1年で365時間ですよ。約15日分。

 

これ恐ろしくないっすか?

 

15日あれば旅行にもいけちゃいますよ。

 

5分あるならその時間使って行動しましょうよ。

 

初めから完璧なんて目指さずに少しづつやりながらクオリティを上げていけばいいんです。

 

てか最初から完璧とか無理です。

 

15分を5分×3回というような時間を分割して考える意識を身につければ時間の使い方が上手になって作業もはかどりますよ!

 

これサラリーマンとかの人には特に使える思考法じゃないのかな。

 

 

 

明日から寒くなるらしいですが、僕は友達と遊園地に行ってきます笑

 

マジ楽しっみっすわ!!!

 

それではここらへんで!はやとでした!

 

今日も良ければポチっとお願いします↓

アフィリエイト ブログランキングへ

人生を思い通りに操る戦略。就職をしないのに幸せな人生を歩む方法。

僕は20歳の頃に起業して、大学在学中にWebマーケティングを学び月収100万円を達成しました。

今はパソコン一台で収入を得て暮らしています。

多分めちゃくちゃ怪しいですよね。

 

とはいいましても、

ネットで稼ぐということが当たり前の時代になりましたので

正しい知識さえあれば誰にでも実現可能なことです。

 

今まで学校の勉強は苦手だったんですが

ビジネスと出会ってマーケティングやライティング、心理学などを真摯に学んだことで、

会ったこともない人を思うがままに動かせるようになったり

ブログをうまく使って月収7桁を達成できたりしました。

 

環境はなかなか変えられませんが、自分自身を変えることは可能です。

正しい方法で、正しい努力をすれば誰だって成長できます。

環境や学歴は関係ありません。

 

そんな僕が実際にビジネスと出会う話とか過去などを下記記事で公開しています。

心理学科から起業して月100万円稼げた僕の理念と自己紹介


【今ならAmazonで☆5評価の書籍を無料で読めます。詳細はこちら】

>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<

メールアドレスの入力ですぐに受け取れます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

もしこのブログが役に立った!と感じたら下のシェアボタンから

是非ブログのシェアをお願いします。

コチラの登録フォームからも特典の受け取りが可能です。

※メールマガジンの登録解除はいつでも可能です。Gmailでの登録をお勧めしています。

個人情報は暗号化のもと厳重に管理されます。

ライン@でも気軽にメッセージやご質問などを受け付けてます。

友だち追加

⇒はやとの詳しいプロフィールはこちら

コメントを残す