大学に行かない代わりの進路と選択肢、就職しないデメリットは?

はやと無料コミュニティ始動!
年収500万円以下の方向け。会社に依存せずに稼ぐスキルを身に付ける資料を無料で受け取れます。※公開後Twitterで80RT以上拡散されました。

はやと公式コミュニティ始動!新教材を今限定で無料配布中!無料で受け取るならこちら

こんにちは!はやとです。

 

今日は現役大学生の僕が、大学に行かない代わりの進路と選択肢、就職しないデメリットについてお話していきます。と言いますのも、僕自身大学に進学してみてあんまり意味がなかったと感じているからです。

 

僕は大学在学中に起業したのですが、もしも今の知識の状態で高校生に戻れるなら、間違いなく大学進学はしません。高校卒業後すぐに起業します。もしくは高校生のうちから起業します。

 

「そんなお金どこにあるの?」って思うかもしれませんが、お金なんてなくても起業できます。(お金については後述します。)

 

そしてこの記事は高校生の子をもつ親御さんも見てるかもしれないので言っておきますが、今は大学に行かなくても就職しなくてもお金を稼いで食べていくことが出来る時代です。むしろこれからは個人がどんどん輝いていく時代になります。これは間違いありません。

 

インターネット時代の進路を真面目に語っていくので、特に子を持つ親御さんはこの記事を真剣に読んでください。

 

はやと
この記事は大学生当時僕が書いたものです。今は大学を卒業して独立してます。

大学に行かない代わりの進路と選択肢、就職しないデメリットは?

冒頭でも少し触れましたが、インターネットが復旧するに従って仕事の幅も大きく増えました。ということで、大学に行かない代わりの進路と選択肢、就職しないデメリットについて現役大学生の僕が深掘りしていきます。

 

自己紹介。心理系の大学に通う「はやと」です。

と、その前に軽く僕の自己紹介をしようと思います。「はやと」という名前でブログとかメルマガ、YouTube、SNSで情報発信しています。(経歴などの詳しいプロフィールはこちら)

 

僕は熊本出身で、現在も熊本の大学に通っている現役大学生です。僕が大学2年になった頃、熊本地震に被災しました。それから「労働」への価値観が変わったり、高学歴な友達と比べて就活の幅が狭いことなどを思い知り、「自分の力で食べていく」ことを決意して起業しました。

 

 

そして起業から2年で月収100万円を達成し、自分の力で稼いでいきています。実際に自分の力だけで稼げるようになって思ったことが、

大学に行かなくても資格がなくても食べていけるんだ。

ということです。むしろ今は大学に払っている学費がもったいないと感じているくらいです。

 

大学行かない代わりの進路を考える

まず大学に行かない代わりになる進路ですが、

大学以外の進路
  • 専門学校に進学
  • 就職
  • フリーター(アルバイト)

パッと思いつくところでというところでしょうか。ここで一番問題になってくるのが、「進学はしたくないしけど就職したくもない。」っていうパターンです。

 

子供さんがまさにそのパターンで悩んでる親御さんも多いかと思います。ちなみに僕は高校の時進路を決定するときに、「とりあえずみんな行ってるから」っていう理由で大学進学しました。

はやと
いやー、マジで情弱思考でした笑

 

そんな適当な理由で進学してみたわけですが、卒業して色々と考えた結果、お金の無駄遣いだった。という結論に至りました。

 

ブランドがない大学に行くのは無意味。特に地方の大学

僕は熊本の大学に通っているんですが、誤解を恐れずに言うと、地方の大学にはなんのブランドもありません。特に私立大学はオワコンすぎ。

それを顕著に感じたのが都心の大学に通っている友達や有名大学に通っている友達の就活事情を知った時です。

はやと
いわゆるFランク大学は総じてダメですね。行く価値なし。

 

地方の大学生は都心の大学生に比べて就職活動が不利。

まず地方の大学生は就職活動が不利です。例えば、熊本の大学生が熊本県内に就職するなら問題ありません。

問題ないってのは生きていけるって意味での問題ないってこと。

高い給料欲しくてそれなりの生活がしたいなら話は別。

 

ただ、熊本の場合で言うと、本格的に就職活動をしようと思うと福岡まで行かなければいけません。

もちろん交通費もかかりますし、それにともなって食費だったり見えないお金もかかります。地方はそもそも企業数が少ないんですね。仮に同じ偏差値で入れる大学で、地方と都心であれば都心の方が選択肢の幅は広がります。

 

ブランドのある大学は行くメリットが多い。

逆に都心の大学だったり、都市部の大学は行くメリットが多いです。就職活動で言っても、都心の大学はそもそもの企業数が多いので就活しやすいです。

 

そして、早慶やMARCHなどの大学や、日大等の有名私立はそれなりにブランドがあります。

偏差値だけで見ると地方の大学と大差がなくても、大学の「ブランド」で見れば都心部の大学の方がブランドのついた大学が多いのが事実です。

 

有名大学は就活で”コネ”が使えます。
(大学の先輩が就職先の企業にいるから)

地方だとそれがないですね。

 

僕個人としてはブランドのある都心部の大学に行くのはアリ。

僕は地方の大学に通って、特に面白くもない大学生活を送りつつ、東京の早稲田大学に通う友人の楽しそうな(学校生活も就活も充実した)話を聞いていました。

 

早慶のようなブランドのある大学に通えれば、就活のしやすさや大学生活の楽しさをゲットできるし、学費を払うだけの価値がある。と思います。

学歴という商品を買うにあたって、地方の大学より、早慶のようなブランドのある大学の方が商品価値としては高い訳です。

 

完全に僕個人の話になりますが、地方で大学生活を送り、ブランドもない大学に払う学費ってめちゃくちゃ割り高だなという印象です。はっきり言って大学に進学したことを後悔しています。冷静に考えて地方の大学に400万円は高すぎです。

ましてや奨学金を借りてFランク大学に行くと今のご時世真面目に地獄をみますね。

何故なら将来就職しても給料がしょぼくて学費を回収できないからです。

大学行かない時の選択肢と進路

特にやりたいことがなく、進学もしたくないのであれば、僕はフリーターをやりつつ起業するという進路をお勧めします。

ふざけてません、大真面目に起業した方がいいと思っています。

 

というのも、これは高校生や大学生に限らず、全人類起業した方がいいと思います。

何で僕が起業することを進めるのかといますと、起業すると単純に、お金が稼げるのはもちろんですが、スキルも身につくし、個人に影響力を付けることが出来るからです。

 

僕自身、パソコンはYouTubeを見るくらいでしか使ったことなく、タイピングも遅くて最初は500文字書くのもきつかったです。

そんな僕ですが勉強と実践を繰り返すことで、インターネットを通してお金を稼ぐことができるようになりましたし、ビジネスを人に教える機会も増えて、感謝のメールまで届くようになりました。

 

メール以外にもライン@やSkypeなどで相談に乗ったりしてるんですが、その時の記事は下から読めます。

【参考】:メルマガ読者のTさんに1時間くらいアドバイスしたらめちゃくちゃ感謝された話。

 

これからの時代、個人で稼ぐスキルを身いつけている人が強いです。何なら、個人で一企業並みの力を持つことだって出来ます。むしろ、稼ぐスキルを身につけないと、周りとの差もどんどん開いていきます。

 

起業にお金がかかるって時代は終わった。資金ゼロでOK

そしてこういう話をするとどうしても、「起業するのってお金かかるんじゃない?」「失敗したらどうするの?」って思う人がほとんどだと思うので、みんな大好き、お金の話をしていきます。

 

インターネットを使えばノーリスクで起業できる。

僕は大学生でバイト生活を送っていた上に奨学金を借りて大学に通っていました。お金もってるどころか借金してたわけですね笑。そんな僕がなんで起業出来たのか?って話なんですが、理由は簡単で、インターネットを使ったからです。

 

インターネットを使った起業は低リスクで始めることができます。僕が最初にやったビジネスは「アフィリエイト」っていうビジネスです。

アフィリエイトとは、簡単にいうと、「企業の商品を自分のブログで紹介して、そこから売れたら報酬が貰える。」というビジネスモデルです。

 

もっとかみ砕いて言うと、ブログで商品を勧めるだけです。いい商品を勧めるって誰にでもできますよね。YouTuberがやるような商品紹介動画のブログ版と考えると分かりやすいかも。

 

僕たちはブログで紹介するだけなのでYouTuberのように顔出しする必要もありません。今こうやって僕がブログ記事を書いているように、パソコンで文字を書いていけばOKです。

あとは慣れたら外注とかを使えばもっとスピードアップしてサイトを作ることが出来ます。

 

ブログ運営等にかかる費用

ブログの運営費ですが、サーバー代、ドメイン代合わせて1年で10,000円ちょっとあれば余裕です。

 

つまり・・・

 

たった1万円で起業できる

ということです。たった1万円なんて2日バイトすれば取り返せる金額ですし

リスクがあってないようなものです。

 

とはいえ・・・

「食べていけるくらい稼げるの?」っていう人がほとんどだと思います。結論から言うと、余裕で食べていけます。

詳細が気になる方は、僕が月収100万円にたどり着くまでにやったことをまとめた記事があるので、そちらをご覧ください。

【参考】:大学生が月収で100万円を稼ぐまでにやったことを話そう。

 

大学に行かないデメリットはあるの?

そして、大学行かないデメリットってあるのか?を考えてみたいんですが、食べていくことだけを考えるのであれば大学に行かないというデメリットはないです。

 

何でかっていったら個人で起業してお金を稼げる時代になったからです。「いい大学にいく⇒いい会社に就職する⇒安泰の人生」というのは縄文時代の話です。完全に時代遅れです。

 

今はもう大企業に就職すれば安泰という時代ではありません。普通にリストラがされる時代です。金銭面で言うなら、インターネットを上手く使いこなしてる人が大企業の役員より稼ぐ時代です。

 

YouTuberがその代表だと思いますが、普通に数千万円~億稼ぐレベルです。

ブログでのアフィリエイトも同じです。一サイト本気で作りこめば月収100万円って実は簡単に達成できます。

 

僕はブログの知識に加え、マーケティングだったり、コピーライティングのスキルも磨きました。

インターネットを使って物を売るスキル。物を広めるスキルを磨いているうちに、月100万円の壁を越していました。

 

世間体を気にするなら大学行って就職すれば?

世間体を気にするのであれば敷かれたレールにそって大学に行けばいいと思います。

一応僕は大学も卒業する予定なので、最終学歴は大学になります。

 

・・・が

 

僕が通っている大学には何のブランドもないので、何の自慢にもなりません。熊本で名前が通っても、都心に出たら「何それ暗号?」って言われます。(「何それ暗号?」はガチで言われたセリフです。)

 

なぜか大学を卒業する=偉いみたいなことを思う人も中にはいますが、はっきりってしょーもないです。人間結局その場で何をやるかです。

東大に入ってだらだらして何もしてない大学生。Fラン大学だけど真面目に勉強して働きながら社会貢献している大学生。

どっちが市場価値が高いかは言わずとも分かるかと思います。

 

大学行かない代わりに起業することを勧めます。

もしも今

  • 「将来就きたい職業もない」
  • 「進学もしたくない」

ということであればインターネットを使って起業してみることをお勧めします。繰り返しになりますが、低リスクで起業できるし、自分にスキルが身につきます。

というか、個人で稼ぐスキルがないって将来やばいですよ。

 

自分に稼げるスキルを身につけることで、

一生くいっぱぐれがなくなります。

一生です。一生。例えばライティングスキルを身につければコミュニケーション能力が上がりますし、マーケティングできるようになればモテます。

 

ちなみにネットで稼ぐスキルを身につけることができると、就職にも有利です。

何でかっていったらインターネットを使いこなせる人が市場に少ないからです。

 

間違いなくこれから重宝されるのがインターネットのスキルです。言わゆるwebマーケティングのスキルです。低リスクでお金が稼げるうえに、自分の能力も上がる。だからこそ僕は起業することをお勧めします。

 

もしも詳しく勉強したい人は僕のメルマガの方で詳しい話をしてますので、良かったら登録してください。

ということで今回は大学に行かない代わりの進路と選択肢、就職しないデメリットについてお話してみました。

はやと
最近は大学生からの相談も増えてきました。賢い人はやっぱり気が付いてますね。僕のメルマガかラインどちらでもいいので相談受け付けてます。

なぜ年収が上がらないのか?会社に行かずに1年で年収を400万円あげる方法

この度、Webマーケティングのスキルを学び、会社員がまずは月5万円を稼ぐためのコミュニティを作りました!

参加者には今限定で、ネットで稼ぐ仕組みを解説した新しい教材を無料でプレゼントしたり、その他ブログ、SNS、メルマガで稼ぐ手法など、Webを使った収益化の話をメインに、心理学の話やキャリアの話を物語形式で配信してます。

「年収を上げたい!」という方は下の記事を読んでみてください。

【無料】はやと公式コミュニティでTwitterで公開後に80RT以上拡散された新教材と書籍が限定でダウンロードできます。詳細はこちら。

【人気の記事▼】

【口コミ】無料noteを公開!アフィリで250万円売り上げ、広告費ゼロで2572人以上の見込み客を集客する軌跡

【体験談】当サイト運営者「はやと」の自己紹介 。熊本地震に被災した過去と心理学科から起業した理由

コメントを残す