パブロとブルーノの物語から学ぶ経営者思考

こんにちは。はやとです。

今回はパブロとブルーノの物語と経営者思考について話していきます。他の情報発信者の方も結構話ている人が多いこの話ですが、見てもらうことで仕組み作りのイメージがつくかと思います。

 

ネットビジネスで不労所得の仕組みを得たいのならば、経営者思考は絶対に身につけなければなりません。しかし、いきなり経営者思考って言われてもわかりませんよね。今回のパブロとブルーノの物語をみてもらえれば経営者思考を少しは感じてもらえるかと思います。

 

パブロとブルーノの物語

まずは、その動画を貼っておきますね。

 

この動画自体は権利収入について説明された動画なんですが、経営者思考も学べるんですよ。ネットビジネスで不労所得を得るためには経営者思考を学ばなければなりません。でなければ一生労働者のままです。一応物語の概要をここで話しますね。

 

経営者と労働者では、そもそも収入を得る仕組みが違うということを理解して仕事をしないといけません。多くの人が意識しないので、経営者と労働者の仕組みの違いを知るだけでも、かなり勉強になります。ということで、あらすじから書いていきますね。

 

パブロとブルーノの物語の全容

ある村にパブロとブルーノっていう青年がいました。この2人は親友で、どうやったら村一番の成功者になれるのかを議論していました。

 

ある日村長が若者2人を雇うことにした。

そんなある日、村長が若者二人を雇うことを決めました。仕事内容は、山奥の湖からふもとの村まで、水を運ぶことです。その給料は運んだ水の量だけもらえます。

 

パブロとブルーノは迷わず応募しました。二人は毎日毎日山奥まで歩き、バケツに水を汲んではふもとの村に届けるということを繰り返しました。そんなとき、もっとたくさん稼ぎたいと思ったブルーノは、より大きなバケツを用意して、水を運ぶようになりました。

 

パブロとブルーノは効率よく水を運ぶ方法を考える

ブルーノは体格がよく、力持ちなので大きなバケツで水を運んでも余裕でした。しかし、パブロはやせ型の体系だったため、大きなバケツで水を運ぶのは大変でした。そこでパブロは別の方法で水を運ぶ手段はないか考えました。

 

パブロは、湖からふもとの村まで水を運ぶためのパイプラインを作ることを思いつきました。そしてその案をブルーノに提案しました。

 

しかしブルーノはそれを拒否しました。パイプラインを作るのには時間もかかるし、完成までには1年もかかることから割りが合わないと思ったのです。もちろん建設している間は収入もゼロです。ブルーノは引き続き大きなバケツで水を運び続けました。

 

対して、パブロは一人でパイプラインを建設することにしました。パブロは昼間は今まで通りにバケツで水を運びました。そして夜や空いている時間をパイプライン建設に充てました。

 

ひたすら労働して大金を稼いだブルーノ

そんな中、大きなバケツで水を運んでいたブルーノは大きなお金を手にしていました。水を運んで得た収入で夢だったマイホームをかったり、毎晩のみに行ったり、充実した日々を送っていました。

 

パイプラインを作ろうとしてバカにされるパブロ

そんな中、パブロはパイプライン男と呼ばれて、村の笑いものにされていました。しかしそれでもパイプライン建設のために努力しました。

 

一方ブルーノは大きなバケツで水を運んでいたことで、体に疲労がたまっていました。ブルーノは腰が曲がってきました。体が弱ってきたことで水を運ぶ量も少なくなってきました。そうなるともちろん給料も下がりました。

 

パブロがパイプラインを完成させる

パブロは何か月もかけてようやくパイプラインを作り終えました。パイプラインを作ったことで、山からふもとの村まで水が流れるようになりました。

 

パイプラインがあるおかげでパブロは寝てても遊んでても、何をしてても水が流れ続ける限り、報酬を得ることができるようになったのです。こうしてパブロは巨万の富を得ました。以上がパブロとブルーノの物語です。

 

ネットビジネスもパイプライン建設と同じ

で、パイプライン建設っていうのはネットビジネスでいうところの仕組みづくりと同じです。バケツで水を運ぶってのはいわゆるサラリーマン的な感じですね。ザ・労働。

 

僕はブログやメルマガ、YouTubeなどでさんざん仕組みが大事だよ!って言ってるのは、一度作り上げたらほとんど仕事をせずに収入が入るからなんですね。パイプライン建設と同じように、仕組みを作っているときっていうのはあんまり売り上げが発生しません。

 

仕組みを作るまでは成果がゼロ

時給ゼロ円での作業になります。確かにそれって結構大変です。どうしても最初は大きく稼げませんからモチベーションが続かずに挫折する人が多いです。

 

僕ももちろんですが、時給ゼロ円で仕組みを作り始めました。しかし、仕組みさえ作り終えてしまえばこっちのものなんですよね。パブロのように寝てても、遊んでても、何をしててもお金が入ってくるようになります。

 

嘘かもしれませんが本当のことです。不労所得って聞くとどうしても怪しいイメージがありますが、インターネットっていうテクノロジーが発達した今、不労所得なんて当たり前になりました。実際に僕が不労所得で稼いでいる方法がこちら。アフィリエイトです。

 

 

 

アフィリエイトは自動化できる。

アフィリエイトは完全に自動化できます。アフィリエイトってブログを作ってそに人を集めて商品を代行販売するっていう感じなんですが、ブログの記事を書くのも人に任せられるし、決済も広告のリンクを置いておくだけなので仕組みをつくり終えたら完全にノータッチです。

 

YouTuberだってそうです。YouTuberは動画の再生回数に応じてGoogleから広告収入を得ています。Googleアドセンスっていう広告です。

 

動画は1回YouTubeにアップロードしてしまえばあとは人が見てくれるだけで広告収入が入ってきます。動画の広告収入だけで食べていくにはそれなりの再生回数は必要になりますが、労働時間は最初動画とるときと、編集する時だけです。

 

動画の撮影は自分がいないと成り立たないので自動化できませんが、動画の編集は人に任せることができます。編集の要望を出して、動画を編集してもらって、完成した動画をチェックしてOKだったらYouTubeにアップロードする。

 

自分がやる作業は編集がOKかどうかの確認とYouTubeへのアップロードのみです。ネットを使えばいくらでも作業を減らすことができますし、不労所得を作ることが可能です。怪しいとかいうイメージがあるのは知らない人が多いからです。

 

ちなみに、「ネットで稼ぐイメージが湧かないんだけど?」というような初心者の方が最初にやるべきことについてまとめた記事もあります。まずはこちらのページで”稼ぐイメージと手順”を分かった方がより理解が深まります。

 

初月ですぐに稼げる方法もまとめてあるので是非読んでみてください。

【初心者のためのビジネス準備講座】自動報酬が発生する仕組みとアフィリエイト

労働者か経営者か

この仕組み化の概念ですが、労働志向だといつまでもたどり着けません。ブルーノのようにひたすら働き続けることになります。汗水たらして働いても残念ながらお金もちにはなれないんですよね。

 

別にサラリーマンやってる方を悪だと言っているわけではありません。ただ、お金もちになりたいのなら労働者ではだめだと言っているのです。

 

パブロは”仕組みを作る”という選択をした。

パブロは経営者思考というわけではないけど、賢い選択をしました。パブロが素晴らしかった点は、水を運ぶことを自動化しようとした点ですね。

 

パブロの場合一人でパイプラインを作り上げましたが、僕だったらもっと効率のいい作り方をしますね。まずバケツで運んで稼いだお金で人を雇います。

 

で、雇った人にパイプラインの建設を手伝ってもらいます。もちろんパイプラインが完成するまでは赤字ですが、一人でパイプラインを作るよりもはるかに速いスピードでパイプラインを作ることができます。

 

一度仕組みを作ってしまえば不労収入になる。

一回パイプラインを作ってしまえばそのあとは爆発的にお金が稼げるので、人やとってもペイできます。んで、パイプラインの権利収入で得たお金でさらに事業を回します。

 

パイプラインを作ったことで村に水は流れますが、村の中の各家庭には水が届かないはずです。もともとバケツで水を運んでいたくらいですからね。だからそこからは各家庭に水が流れるようなインフラを整えようかと。

 

インフラが整えばもっと大きなお金を手にすることができるでしょう。そうなればもうウハウハ状態です。すべては仕組み化です。

 

ということで今回はパブロとブルーノから学ぶ経営者思考ということで話してみました。稼ぐ仕組みをつくって自動化しましょう。世間一般でいう金持ちになりたいのであれば、経営者思考を身に着けてください。

1日3分だけ個人で稼ぐスキルを学び、自由な生活を目指す無料コミュニティを作りました。

はじめまして!「はやと」という名前でブログを書いています。

   

僕は20歳の頃に起業して、大学在学中にWebマーケティングを学び、

アフィリエイト、コンテンツ販売などで月に120万円の収益化に成功しました。

   

Webマーケティングというスキルを学んだからこそ実現することが出来ました。

インターネットの収益化は、

正しい知識さえあれば誰にでも実現可能なことです。

   

僕は学歴もなく、赤点連発で成績も悪かったんですが、

ビジネスと出会ってからは変わりました。

   

マーケティングやライティング、心理学などを真摯に学んだことで、

パソコン1台で稼ぐことが出来るようになりました。

   

実際にこういう世界があるということをまずは知ってもらい、

具体的にどう行動に移していけばいいのかを、

このブログから学んでほしいです。

   

環境はなかなか変えられませんが、

自分自身を変えることは可能です。

正しい方法で、正しい努力をすれば誰だって成長できます。

環境や学歴は関係ありません。

   

めちゃくちゃ可能性のあるインターネットの世界。

それをもっと多くの方に知ってほしいです。

   

より詳しく学びたい方、情報に触れてみたい方は、

下記フォームより登録お願いします。

もちろん無料で、今なら登録特典としてWebマーケティングで稼ぐ教科書を配布中です。

大学生が月に120万円収益化した方法を公開。

(1分以内ですぐに読めます。参加特典付き。)

心理学科からネット起業し、Webマーケを学んだはやとの理念と自己紹介


【今ならAmazonで☆5評価の書籍を無料で読めます。詳細はこちら】

>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<

メールアドレスの入力ですぐに受け取れます

4 件のコメント

  • ブルーノは自分のやり方だった。
    しかし心身を本当に壊したらそこまで・・・

    参考になりました。

    • お金を稼ぐ=汗水たらして働く
      ではないですからね。

      これだけネットが発達した時代にそういった昭和初期みたいな考え見たいな人もまだいます。
      時代にとりのこされなようにしていきましょう

  • コメントを残す