なぜ会社に行かずに年収が上がるのか?

過去の配信はこちら

【第1回】「プレゼント配布と初心者向け講座について」

はやと
過去の配信をまだ読んでいない方は上記リンクからお読みください

※Webマーケティング等、配信で良く使う言葉の意味をブログにまとめました。
知らない単語がある方はこちらを先にご覧ください。
Webマーケティングに関する専門用語をまとめてみた。

 

どうも!はやとです。

 

昨日お送りした動画はご覧になられましたか?

まだの方は必ずご覧ください。

▼1回目の配信はこちら(動画は必ずご確認ください。)
プレゼント配布と初心者向け講座について

さて、昨日の配信では僕がビジネスを始めるまでの話と

「Webマーケティングを学び個人で稼ぐスキルを身に付けよう。」

「自分で稼げば会社に通う必要も無くなるよ。」

という話をしました。

 

今日は「年収を上げたい。会社辞めたい。けど何していいか分からない…」

という方に向けて「なぜ会社に行かずに年収が上がるのか?」を数字ベースで解説していきますね。

 

この記事を読んでいただけたら

年収が上がる根拠を理解することが出来ます。

 

先に結論から話すと僕は

「自分のメディア(ブログやSNS)を作る」

ということをやるだけで120万円稼ぎました。

これが大学生の時です。

 

「いやいや、それってまじ?」

なんて思いました?

けど一番驚いたのは僕です。

 

でも何で自分のメディアを持ても稼げるか

疑問に思いますよね。

理由は簡単です。

 

メディアが一生稼いでくれる資産になるからです。
(今は具体的に想像できないかもしれませんが、これから解説していきます。)

 

まず、現代において自分のメディアを持っていないことはかなりしています。

 

何故かと言いますと

  • Twitterやっていない人
  • ブログをやっていない人
  • メルマガをやっていない人

上記に当てはある人は自分でメディア運営してる人に比べて

得られる情報量が圧倒的に少なく、頭もよくならないし、お金も稼げないからです。

 

メディアを持たないということは

稼ぐ可能性を自ら捨てるようなものです。

 

とは言っても

「言うほどブログやSNSの良さが分かんないんだよな~」

って思うことあるじゃないですか。

 

分かります。

というのも昔の僕もブログやSNSの良さなんて

一ミリも分かってなかったんですよ。

 

Twitterはやってましたけど

友達と絡んだり、芸能人の情報見る程度。

 

発信する内容も

  • 「バイトだるい」
  • 「次の授業空きだから暇すぎ」
  • 「課題めんどくせぇ」

みたいな誰の役にも立たない発信ばかり。

おまけにTwitterで金が稼げるなんて発想すらありませんでした。

 

ブログに対するイメージとしては

「芸能人が日常を公開するもの」という感じでした。

個人でブログやってる人は趣味だろうと。

そこでお金が稼げるなんてことは知る余地もありませんでした。

 

 

そこからインターネットでお金が稼げることを知って

調べてみたら「なるほど!」となった訳です。

 

そして必死濃いてWebマーケティング(ブログやSNS等の収益化)を学びました。

例えば僕はTwitterをやっています。

 

Twitterアカウントを持っている人は

僕の情報をガンガン受け取ることが出来ます。
(例えば僕のセミナーの感想をTwitterで呟いていただくことがあってそこで僕とコミュニケーションが取れてお互いのフォロワー増加に繋がります)

 

情報を受け取った人は学んでどんどん成長していきます。

Twitterで有名人と絡むことだって出来ます。

 

アカウントすら持っていない人は

僕がTwitterをやっているという事実すら知らないでしょう。

 

そして今はTwitterでお金が稼げます。

例えば僕の場合、Twitter経由で

「ビジネスを教えてください!」とコンサルを頼まれたりすることもあります。

 

 

他にも有料コンテンツをTwitterで告知すれば

Twitterにいる人が僕の商品を買ってくれる可能性もあります。
(自分の商品がない人は他人の商品を売ることも出来ます)

 

 

例えばTwitterのフォロワーが1000人いたとします。

そこに3000円の商品を販売したとします。

成約率が3%だとしても30人の人が買ってくれるので

30人×3000円=90,000円の収入です。

 

これを1年継続すれば90,000円×12か月で

年収は108万円上がります。

Twitterだけでこれが出来る。

 

つまり稼ぐのであれば

  • フォロワーの集め方(集客)
  • 販売方法(セールス)

などのスキルや知識を勉強すればいい訳です。

 

稼ぐのに必要な知識やスキルを身に付けたら

簡単に年収は上がります。

少なくとも会社の昇給を待つよりは圧倒的スピード感です。

 

108万ってめっちゃ大金ですよ。

想像してみてください。

もしもあなたが年収108万円増えたら何しますか?

 

駅が近く、広い家に住めるかもしれないし

普段行けないお店でご飯を食べれるかもしれないし

子供に習い事をさせることも出来るかもしれないし

海外旅行にも行けてしまう。

 

 

インターネットはまじでバカにできません。

 

 

さらにTwitterの魅力は拡散されることです。

あなたの商品が拡散されたら更に売り上げは上がります。

 

誰かがあなたの商品を拡散してくれれば

あなたが寝てても収入は生まれます。

いわゆる“不労所得”がTwitterだけで完成してしまいます。

 

これがネットの威力です。

けど、Twitterアカウントを持っていなければ

そういうことは一切できません。

 

この違いって凄まじくないですか?

アカウント持ってるかそうじゃないかで

人生が変わってしまうレベルですよね。

 

 

もちろんTwitterだけでなく

ブログやメルマガにも言えることです。

 

ブログやメルマガってめちゃくちゃ稼げるんですが

そもそもやってない人は稼ぐ可能性はゼロです。

 

やってる人とそうでない人では

毎日差が開いていきます。

情報や知識って恐ろしいと思いません?

 

もしも当時僕が興味を持たず調べてなかったら

今の僕は存在しない訳ですからね。

 

情報や知識は本当に人生変えます。

ネットで稼ぐ知識を知らなかったと思うとめちゃくちゃ怖いです。

 

で、ですね。

 

メディア運営のいい所ってお金が稼げるだけじゃないんですよ。

自分で発信することで頭もよくなります。

 

アメリカ国立訓練研究所の研究結果によると

「自分で発信する」ということをする人

発信しない人に比べて85%以上も学習定着率が高いという結果が出てます。

 

つまり僕の配信を読んで

僕に感想を返信する人は

返信しない人に比べて85%も定着率が高いということでもあります。

 

実際僕は自分で情報発信をすることで

・説明が分かりやすい
・文章が読みやすい

と言っていただくことも増えました。

 

昨日の配信を思い出してください。

僕はもともと勉強嫌いのFラン大学生です。

そんな僕がメディアでの発信を通して変化出来ました。

 

しかもTwitterやブログは無料で出来る訳です。

僕に返信をするのだって無料です。
(ビジネスとしてブログをやる場合は有料ブログ推奨。次回以降で詳しく解説)

 

メディア運営をすることで

お金を稼ぐことが出来るし、勉強にもなる。

しかもそれが無料で始められる。

 

やらない理由を見つける方が難しいです。

 

無料で落ちてるチャンスを拾わないのは損でしかない。

繰り返しになりますが、やる人とやらない人では

毎日、差が開いていきます。

 

なるべく人生の無駄を省き、効率良く年収を上げたいなら

まずはメディア運営です。

 

年収を上げたいのにも関わらず

メディア運営をしないのはかなり無理ゲーです。

 

最近では中学生がTwitterを使って月に100万円稼ぐ時代です。

本当に年齢性別問わずやったもん勝ちの世界。

そんな世界を目標にしてこれから勉強していきましょう!

 

人生は一生勉強です。

正しい手段と方法で正しい努力があれば

ネットの収益化は難しくありません。

 

そして僕の配信ではTwitterで稼ぐとかではなく

もっと効率的で大きく稼ぐ手法を教えていきます。

 

勉強さえすれば誰にでもできることなので

しっかり学びましょ!

 

そしてTwitterとかやっていない人は読み終えたら即アカウント作りましょ!

フットワークの軽さ大事です。

 

明日の配信では僕が起業した理由についてお話します。

ノウハウも出していくので楽しみにしててくださいね。

 

明日20時に、Web講座第2弾を配布します。

忙しい人が長期的に稼ぐための絶対条件である

ストック型のビジネスについてお話するので

ぜひ楽しみにしててください。

 

P.S.

「読みました!」だけでもいいので返信ください。

アウトプットすることで、アウトプットしない人より85%定着率が上がります。

さらに、連絡をくだされば名前を覚えます。

僕も人間なのでよく連絡を下さる方には色々と教えちゃいます。

良かったら自己紹介も一緒に返信ください。

ぜひ連絡待ってますね!

 

感想・お問い合わせはこちらまで

はやと公式ラインはこちら(直通)

 

▼問い合わせ先メールアドレス
info@hayato0606.com