【500万円】僕が知識やコンサルにお金を使う理由

過去の配信はこちら

【第1回】「プレゼント配布と初心者向け講座について」

【第2回】「これから僕らが目指すゴール」

【第3回】「僕が就職せずに自分で稼ぐ道を選んだ理由」

【第4回】「何故勉強しない人生はハードなのか?」

【第5回】「消費型のではなくストック型の人生に」

【第6回】「【衝撃】収入を保証する自動化システムとの出会い」

はやと
過去の配信をまだ読んでいない方は上記リンクからお読みください

Web講座第4弾!

 

【注意】動画の内容とテキストの内容は異なります。
”必ず”動画を見た後に学んでいきましょう!

どうも!はやとです。

 

昨日の配信では、収入を保証する仕組みについてお話しました。

小手先のノウハウで稼げても人生は変わらないし、スキルも身に付かない。

「腰を据えて学んで稼ぐスキルを身に付けていくのが大事だ」という話でしたね。

 

そして僕のオリジナル手法についても軽く触れました。

昨日お伝えした3つのこと
  1. DRMという王道の手法が一番稼ぎやすく、安定しやすい。
  2. note販売やブログの広告などは稼ぎやすいが、大きくは稼げない。
  3. はやと独自の最新版DRM戦略について

 

そして今日は「僕が情報や知識に500万円以上使ってる理由」について話します。

はやと

最速で生活を変えたい方はぜひ最後までご覧ください。

 

失敗せず成功するための「鉄則」は「お金で時間を買う」こと。

副業やビジネスに挑戦するとなると「なるべく失敗したくない」と考えたり「最短で成功を収めたい」「無駄な道を歩みたくない」と思っている方が多いかなと思います。

ただ、「どうすればより失敗が少なく、より確実に進めるのか?」が分からないと疑問に思う方もいるかもしれません。

はやと
今日はそんな疑問に対するシンプルな答えを出していきます。

 

今日お伝えしたいことはこの3つです。

今日伝えたい3つのこと
  • ビジネスで勝ちたいなら先人の知恵を思う存分利用しよう
  • 「時間はお金で買える」ということを理解しよう
  • 「お金」を「知識・情報」に変えよう

 

結論なんですが、「失敗を避けつつ確実に結果を出したい。」「他の人よりも早く結果を出したい」と考えるのであれば、「自己投資」をしていきましょう。

少なくとも僕は今まで少なく見積もっても500万円くらいは知識や情報に投資しています。

 

情報投資は大学生だったバイト時代からやっていました。「情報に500万円とかアホかw」って思うかもしれないです。

けどそれだけお金をかける明確な理由があります。

 

なぜここまで知識にお金をかけるのかというと、

お金をかけた方が”早く”お金を稼げるようになるからです。

 

【事例】受験に勝つためにはどうするべきか?

そもそもですが、何かをやる上で必ず情報や知識は必要です。

特に効率的かつ有利に物事を進めていきたい場合は尚更です。

 

例えば、受験で考えて見ると分かりやすいです。

あなたは受験生。志望校に何が何でも合格したい。

そんな時。

 

あなたは多分、受験のテクニックはもちろん、受験校の問題のクセ、傾向と対策、配点など

様々な情報や知識を取りに行きますよね?

 

だって、情報が無ければ、情報を持っているライバルの受験生に負けてしまいます。

だからこそ少しでもライバルより優位に立てるように情報を取りに行くかと思います。

 

もちろん合格するためにはお金や時間も惜しまないと思います。

 

これって自己投資であり、情報投資ですよね。

受験における情報投資
  • 受験に合格するために塾に通う。
  • 参考書を買う。
  • 既に志望校に合格している先輩とのコネを作る。
  • 傾向と対策を考える。

受験というなの戦争に勝つために、出来る限り情報をかき集めて有利に戦おうとするはずです。

 

他にもスポーツなどでも、試合に勝つために自分にトレーナーを付けたり

対戦相手のリサーチをしたりするのは自己投資であり、情報投資です。

はやと
このように身近な例に例えて見ると、自己投資や情報投資ってすごく当たり前だと思います。

 

しかし、ビジネスや副業になると、なぜか自己投資や情報投資をしない人がかなり増えます。

正直これがめちゃくちゃもったいない訳です。

 

とはいえ「知識でそんなに差がつくものなのか?」って思う方もいらっしゃると思います。

はやと
具体的な数字を比較すると分かりやすいので確認していきましょう。

「知識がある人」と「知識がない人」で収入に差が生まれる理由。

例えばコピーライティングの情報を持っている人は、持ってない人に比べると年収にかなりの差が生まれます。

 

例えばAさんとBさんで単価10,000円の商品を100人に売るとします。

Aさんは3万円のWebマーケティングの教材を購入し、成約率は10%になりました。

Bさんはネットの無料情報をかき集めた程度。成約率は3%です。

 

はやと
この時の売り上げを計算してみます。

【Aさん】
10,000円(単価)×100人(客数)×10%(成約率)=100,000円

【Bさん】
10,000円(単価)×100人(客数)×3%(成約率)=30,000円

知識が違うだけでAさんとBさんの売り上げに7万円の差が生まれます。

 

Aさんの売り上げである10万円から、教材費の3万円を差し引いても利益は7万円。

それでもBさんより4万円多く稼ぎます。

 

このように、知識投資して先人の知恵を借りると早く確実に成長できます。

はやと
その結果年収に大きな差が付いていきます。

 

お金を稼ぐ時に1日収益発生が遅れることによって、機会損失が発生していることを意識した方が良いです。

早く収益を発生させれば新しい事も始められる。

つまり生涯年収で言うとかなり変わる。これが貧乏とお金持ちの大きな意識の差です。

 

あなたは1袋1000円の「もやし」を高いと思えますか?

とは言うものの、「なるべくお金をかけずに稼ぎたい…」と考える方もいるかもしれません。

めっちゃ分かります。僕もそうでした。

 

元々僕がビジネスを始めたのは大学2年生の頃です。当時焼き肉屋で時給850円でバイトしてました。

奨学金も借りてました。それでも生活は厳しかったです。

 

そんな中、ブログを使ったアフィリエイトを始めました。

そんなアフィリエイトで、どうにかお金を使わずに稼いでやろうと努力しました。

ネットに落ちている情報をひたすらかき集めました。

 

当時僕の頭には「情報や知識にお金を使う」という考え方がありませんでした。

  • 「お金は貯めるものだ。」
  • 「お金を使うのはもったいない。」

 

僕はそんな考えの持ち主でした。

はやと
今思うとこれは完全に稼げない人の考え方です。

 

そして僕は情報や知識にお金を使うことなく1年間ブログの運営を続けました。

その結果どうなかったと言いますと、稼げた金額は5万円以下。

 

1年間やって5万円以下です。

知識投資を怠った故にしょぼすぎる結果を招いてしまいました。

今となっては絶対にありえないことなんですが、かなり悲惨な結果となってしまいました。

 

しかも恐ろしいことに

  • 「いや、きっと続ければ行けるはずだ!」
  • 「自分の記事がまだGoogleに評価されてないだけだ!」

というような、謎の自信があったことです。

本来であれば、ビジネスは半年から1年ほどあれば数百万円程度の売り上げなら簡単に作れます。

 

しかし、そんな業界のセオリーすら知らなかったわけです。

仮に「半年しても結果が出ないなら間違っている。」

という情報だけでも知っておけば、早めに方向転換できたかもしれません。

 

けどそんなことすらできなかった。

はやと
「知識を知らない」=「自分の間違い」にも気が付けないということなんです。

 

例えばあなたは1袋1000円の「もやし」がスーパーに売ってあったらどう思いますか?

「たかが『もやし』のくせに高すぎる!!!」と思う方が大半だと思います。

 

ではお伺いしますが、「なぜもやし1000円が高いと思いましたか?」

それはあなたが「1袋の『もやし』の相場が大体30円前後」だという「知識・情報」を持っているからです。

 

これがもやしの相場を知らなかったらどうでしょうか?

「もやし1000円が高い」という違和感に気づけないんです。

はやと
これが情報を持っている人と持っていない人の差です。

 

初めてブログの教材を購入してみた時の話。

僕が最初に買った教材は49,800円の教材でした。

時給850円でバイトをしていた僕には高かったけど買いました。

はやと
自分でゼロから成功パターンを見つけるのは大変なので、先人の知恵を借りて近道しようと考えたからです。

 

教材を買ってみるとガッツリ視点が変わりました。

ブログのジャンルや構成、広告案件の選び方、ライティングの種類、ライティングの書き方、カテゴリーの構成…

 

そこには僕の知らなかった情報がゴロゴロと転がっていました。

初めて聞く専門用語もありました。

そんな専門用語を”知る”ことでやっと”検索”することが出来るようになったんです。

 

当たり前ですが、人は”知っていること”しか検索できませんよね。

知らないことをGoogleの検索窓に打ち込むことは不可能です。

無料情報を集めるにしても、そもそも集める言葉すら分からない状態なんです。

はやと
これか。これが情報を買うということか…!

 

僕は教材を買ったことでようやく納得しました。

新しいことを始めて稼ごうとしているのに、お金をかけないのは絶対無理だなと。

学校で習うならまだしも、ネットで稼ぐとか全く未経験なわけですからね。

はやと
そりゃー無料情報を集めるのには無理があるなと思いました。何より時間がかかりすぎます。

 

そして僕は情報に投資することに味を占めて、それからはどんどんお金を使うようにしました。

教材を買うために時給855円のバイトから時給1000円のバイトに変更し、バイト代は全て情報投資に使いました。

おかげで僕のスキルもどんどん上がっていき、サイトやSNSからの収益も右肩上がりになっていきました。

 

稼ぎ続けるサイクル
  1. バイト代で5万のブログ教材買う。
  2. ブログで5万円以上稼いで回収。
  3. 30万のコンサルを受ける。
  4. 経営者のマインドだったり、視点が鍛わる。
  5. さらにマーケティングの教材を60万円分買う。
  6. 自分でマーケティング組んで120万円くらい稼ぐ。回収。
  7. さらに40万円のライティング教材を買う。
  8. 日給で50万円以上稼ぐ日も出てきた。回収。
  9. さらにコンサルを受ける。

という具合に、教材を買ったり、コンサルを受けては実践して来ました。

 

それで合計500万円くらいは使ってきたかなという感じです。

もちろん最初からウン百万とか払わなくていいと思います。

誰しも最初は小さな自己投資から始まってるんです。

はやと
お金は貯めておいても何も生み出しませんが、知識は一生お金を生んでくれる貴重な財産になります。

 

ただ、お金に余裕がある人や、本気で人生を変えたい人は高いお金を払ってでも

いきなりコンサルを受ける方が圧倒的に成長は早いですね。

僕もコンサルを受けてみたり、自分のコンサル生に教えたりしていますが、教材の比ではない情報量です。

 

一番ダメなのが情報に投資しないことです。

他にも広告費を使わないとか。

ビジネスを成長させるにおいてお金を使わないのは悪でしかありません。

 

  • 「今は色んな人が情報発信してて、稼げる情報は落ちてる!」
  • 「情報を買うやつなんて情弱だ!」

そんなことを言う人もいます。

むしろ情弱だからこそ情報を買わないと成長しないんですよね。

 

僕は自分のことを情弱だと思っています。

 

だからこそ早く知りたいし、早く成長したい。

だからお金をどんどん使います。

勉強しないから一生情弱なんです。

 

「無料情報で稼げるだろ!」っていうのもだいぶ無理がある話です。

さっきも話しましたが、そもそも検索する言葉が分からないと調べようもありません。

 

それに膨大な量がある無料情報から「どれが重要な情報か?」ということを見分けなきゃいけません。

そんなことを初心者が出来るのか?という話です。

はやと
100%無理です。僕の経験上間違いありません。

 

無料情報で稼ぐのは天才の戦い方。僕は情弱の凡人なので、お金を出して知識を買って成長していきます。

先人の知恵をお金で買って一気に勝ち抜けます。

自分が凡人だと理解していながら情報にお金を使わないのは、お金稼ぎを諦めるようなものです。

 

【知識投資しない人=稼げない人】

 

これは間違いありません。ビジネスは情報戦です。

「いかに知識を知っているか?」「いかに情報を持っているか?」が大事です。

 

  • 僕は負けたくない。
  • 貧乏になりたくない。
  • 何よりも生活を変えたい。

 

だから情報に投資しました。

 

ちょっとでも年収を上げたかったり、お金稼ぎをしたいのであればまずは情報に投資してみてください。

マジで価値観変わります。

 

「今回のまとめ」と「次回の予告」

さて、今日の話をまとめようと思います。

今日伝えたい3つのこと
  • ビジネスで勝ちたいなら先人の知恵を思う存分利用しよう
  • 「時間はお金で買える」ということを理解しよう
  • 「お金」を「知識・情報」に変えよう

今日説明した「先人の知恵を借りる」「情報に投資する」「自分の成長にお金も時間も使う」という視点は成功する上で非常に重要な考え方になります。

 

そして次回の内容ですが、「DRMを軸にした『はやとオリジナル手法』」に触れていこうと思います。

いよいよ「稼ぐシステム」の確信に迫っていきます。

  • 「心理学とWebマーケティングを組み合わせて、個人が効率よく稼ぐ方法。」
  • 「月給以上の金額を安定して稼ぎだす手法」
  • 「王道手法であるDRMの一歩先を行く、最新版DRMとは?」

といった部分ですね。

 

よく、情報発信ビジネスだったり、「見よう見まね」でビジネスを始めてしまう人が「二番煎じ情報発信者」として稼げずに埋もれていく現象がTwitterなどで見受けられます。

せっかくビジネスを始めても結果が出なければ面白くないですし、やる気も起きませんよね。

実は僕自身が初心者の頃に「二番煎じ的立ち位置」でビジネスをしていたことがありました。

 

その頃はもちろん収益も安定しませんでした。

そこで「とあること」をすることで自分独自の路線でビジネスを進めることが出来て、他と差別化することが出来ました。

それは何かといいますと・・・

 

また次回お話しますね。